日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

a story of Jan. 

うたう、 |


DSCF4226.jpg




むすめ
3年ぶりにインフルエンザとなる

彼女は彼女の意思で
病院にもゆかず
薬にもたよらず
ひたすら眠って熱を出し切って治す
という
野生動物のような治療をする。

彼女曰く
具合のわるいときに病院へいくだけでも
余計に消耗するうえ
三年前、処方された薬を飲んで悪化して
相当苦しかったという記憶があるらしい。

わたしは
物覚えがわるいので
わすれてしまった。

あれそうだったっけ
それならいかなくていいね

たらいの水に
なんとなく選んだ数種のハーブのオイルをたらして
絞ったタオルを額にあてたり

なによりてのひらがきもちいい
というので
てのひらをあてたり

自然療法の本をひらいて
蕪の葉っぱや小松菜を
ひたいにあててみたりする

白湯や
ことに大根のハチミツ漬けのシロップを
喜ぶ

寝床に、盆にのせたおかゆやなんかを運んで
食べさせてもらうのが新鮮だ、
といって
なんどもリクエストされる
おいおい
そろそろ自力でたべておくれよといいつつ
こちらもわりと面白くもあるので
こたえてみる

こういうとき
汁物にはれんげがいたく重宝する

ふつかほど高熱で寝込んですえ
おちついた
学校はもうすこし休んでおく。


さて
1月もあっというまの
まんなか

このとしのありがたき、うたいはじめ
a story of Jan.
のおしらせです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

2017.1.30 (mon)
a story of Jan.
小さなものがたりとうたの会

「わたしのおいわいのとき」
バード・ベイラ― / 文  ピーター・パーナル / 絵
田嶋さき子 / 訳

am 10:00 ~
at cibo (葉山・上山口)  →  

place charge 1,000en (お茶とお菓子つき) + donation




になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。


一月の物語は
「わたしのおいわいのとき」

アメリカ南西部、砂漠地帯で育った
バード・ベイラーの詩と
独創的な挿絵を描くピーター・パーナル。

「すべてのひとに石がひつよう」
をうんだふたりによる
しずけさのある
はじまりとおいわいにふさわしい
美しい絵本

つい先日とある場所でふと手にしたばかりの
この一冊を
共有してみたいとおもいます。

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
cibo の主 みとなさんお手製の
美味しいお菓子とお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お菓子のご用意がありますので
  可能な限り事前にご予約をいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の雪は
まっしろで
やっぱり
こころがおどる

海にふる雪をみようと
歩きだしたけれど
途中でやんでしまった
けれど
ふしぎな
夕焼けがみられた


旧暦新年あけたての
清々しい空気のなか
のばして
ゆるめて
息をして
お待ちしております





15:28 |  trackback: -- | comment: -- | edit

睦月 

未分類 |

DSCF4129.jpg

かくさないこと
とどめないこと

おさえないこと
きにしないこと

朗らかであること
ひらいていること

いま いま 
に いること




15:37 |  trackback: -- | comment: -- | edit

七草 

未分類 |

DSCF4137.jpg


朝起きて
顔をあらって
身支度をして
亡き祖父母にお茶を淹れて
その湯気をながめ
神棚の水をかえて
手をあわせ
しずかに
ひかりのはしらをたてる

米をといで
土鍋にたっぷりの水とひとつまみの塩
これを
弱火にかける

それから
家の近くの
小さな森を抜けて
丘に出て
海と土に、挨拶をして
この年の七草を摘む

はこべ
せり
ほとけのざ (たぶん)
なずながみつからないので、今年もよもぎ
霜のついたきれいな葉っぱは、ごぎょうのかわり

しんとした空気のむこうに
猫がはねている

かえったら
玄関と神棚の
正月飾りをさげる
輪飾りからごろん、と
橙がとれてころがる

すずしろ
は家にある大根
すずな
はあるとおもったらなかったかぶ

だから今年は6種類
これを七草とする

これをさっと茹でると
青々

時々
くつくつ煮える鍋の粥をまぜてすこし
水を足す

朝寝坊の
娘を起こして
七草を刻んでもらう
無言で刻むのでつっつくと
せり
なずな
ごぎょう
はこべら
ほとけのざ
すずな
すずしろ

唄いだす

白くゆげをはく粥に
刻んだ七草をのせてたべる

ごくごくシンプルな
この粥を
しみじみといただく
このいちねんもすこやかに
あれますように


一月七日
七草粥

パック入りの七草を買うことをやめて
三、四年目

名残惜しくも正月飾りをさげる朝
わたしのすきな行事である


21:19 |  trackback: -- | comment: -- | edit

2017 

未分類 |

DSCF4223.jpg



しんねん
あけまして
おめでとうございます

あたらしく
初々しき
としのはじめである

大晦日の夕暮れ
父と
おせちを彩る植物を採取しながら
この年最後の夕日が沈んでいくのをみた

元日の朝
母と
寝間着のまんま外にでて
この年はじめの太陽が昇り来るのを
ふるえながらみた

正月三日
ひかる海とたいよう
夕日をみた
久しぶりの海があんまりきれいで
涙がでた

いま
この町に暮らしていること
いまを
しあわせにおもう

ありがとう

さて
今年の抱負、なるものがふと
たちあがる

(昨年は 野性 であった)


すべてのものを
あいとしてうけとり
あいとしてかえす


これは昨年の秋に長野を旅しているときに
聴いた言葉から
ふと、転じて
わたしのなかにうまれてきたこたえである

これはむろん
理想であるけれど
そう
理想を
イメージして
いきて
いこうじゃないかと
おもうのだ

たとえば賢者や
仙人、グルのように
すべてのことやものを
瞬間で愛としてとらえることはまだまだ
叶わずとも
ひと呼吸もふた呼吸もときに
もっとたくさんの呼吸をおいてでも
なにか
たとえば
つらい言葉や
かなしいこと
目を覆いたくなるような出来事
傷つくようなことがらさえも
そう
これは
おおきく、おおきくみれば
ちゃんと
愛としてここに
存在しているのだ
または
愛としてとらえることができるのだ
だって
すべては
よりよいように
計らってくれているその方向の
線上にわたしは
すべては
いるのだから

ということに
気づくことが
できるように

そのさなかに
ひとかけら
ひとさしの
ひかり
愛を
みつけることが
できるように

感じられるように

そうしてわたしも
愛として
この世界に
かえすことが
できるように

それが
わたしの
このとし
もしかしたら
これからさきの
抱負

である

さて
のびのびと
ここに
息をして

おおきなものに
もう
おまかせをして

惜しみなく
フルスロットルで
まいります
まいりましょう

2017年もどうぞ
よろしくお願いいたします

すこやかな
ふるえるような
おだやかな
日々
この一瞬 一瞬と、なるように


Act selfless , you will be infinite.












17:18 |  trackback: -- | comment: -- | edit

2016 

未分類 |

DSCF4222.jpg

大晦日の前日

町内の和菓子屋さんで
ちいさな
鏡餅をかって
神棚にかざる

お餅がちいさすぎて
のっからないので
となりに立派な
橙をそえる
この橙は四国に暮らす友人のお母さんが
毎年
年の瀬の蜜柑と一緒に箱に入れて
送ってくれる

花屋のおばちゃんが売っていた
小さな松の先っぽも
神棚に対でたてる

青々とした
空気がはいってすてき

玄関には
昨年暮れからずっと部屋につるしてあった
稲藁で
輪飾りをつくって飾る
ここにも立派な橙をさげる
今年庭でとれたレモングラスの葉も一本
まじらせておく
なんとなく

手製なのでだいぶん
ぼさぼさの
荒々しく無造作な輪飾りであるが
むすめを呼んで
みてもらうと
うん
かわいい
といってくれるので
よしとする

玄関先には
ささやかに
門松をたてる

ストーブで黒豆を煮る
薩摩芋と南瓜で今年はきんとんをこしらえる
わたしの係は毎年、これ
あとは実家で母とつくる
今年は久しぶりに妹もいる

さて
これで
正月をむかえる支度がととのう

数年ぶりに
年賀状もすべて書き終えて投函した
これで正月早々
帰省した実家で黙々、年賀状ばかりかいて
母に怒られることもない

はー
すっきり

海に
ことしさいごの
御礼をいいにいく
というより
ただ
会いたいだけだ

向き合って
ときをわすれて
ただただ
そこにいる

ああ

うみ
やまやま
そら
くも
ほしぼし
つき
たいよう
なみ

自然
ものいわぬものたちとの
対話

ここからわたしは
いきる
ちから
ゆうき
やさしさ
ほがらかさ
すこやかさを
日々
いただいている

みえるもの
みえないもの
そしてみなさま

ことしもほんとうに
すみずみまで
どうもありがとうございました

またあたらしいとき
その
一瞬
一瞬を
たのしみに

いまを

be free , be simple
i love you !






07:45 |  trackback: -- | comment: -- | edit

1224 

うたう、 |

DSCF4135.jpg

2016.12.24
live eurythmy
at yama no schole

こんなにうつくしい場が
ほかにあるだろうかと
呆けてしまうような
美しい
夢のような場をしつらえてくれました。

山のスコレー、主
小川純一くん
ほんとうにどうもありがとう

そもそもが
そもそもに美しいこのアトリエに
吉田次朗さんが生む
いきものたち
がそこらじゅうにいて
息をしている

海の石、鉱物、蝋燭の灯りゆれ、ちらばる

影とひかり
ひとびとの吐息
湯気
つめたいくうき
窓にうつる星だか、キャンドルだか
まじったひかり

無心に筆を握り描く
林青那
少女そのもの
みたいな目と姿をした女性
林青那 ちゃん

つぎつぎと
あふれるようにうまれて
ちらばってゆく
紙、描かれた紙
ドローイング
その気配

わきたってはほのかに
消えて
また
ただよって
つつみ
寄り添ってくれる
WELT さんの香り

うつくしい
つよい
まろい
きよらかな
おおきな
繊細な
植物からの香り
仲立ちをする WELT というひと

これら最上のものことひとに
かこまれて
唄わせていただいたこと
その一瞬はすぐにきえて
もう
ここにはさわれないこと
けれど
ここにも
あそこにも
あるような
ないような

わたしがしていること
それが
なんなのか
わたしには正直よくわかりません

意図や意識をもって
うたったり
声にしたり
している
わけでないような気がする
むしろそれらからとおく
はなれたようなこと

そこに
なにを受け取ったのか
感じたのか
なにがうまれてきたのか
それはひとりひとりにきっとちがうけれど
ただ
無心になれたあのときのことと
そこに
たくさんのひとの存在がたしかにあったことを
わたしは
ほんとうにありがたく
しあわせに、おもいます。

すべてのひと
みえない存在
ほんとうに、どうもありがとう。

この日を迎える
その前日にふと
ペンと紙をもってかいたこと
この夜
ここで
シュタイナーの詩(祈りのことば)に交えて
声に出したものを
ここにのこしておきます。

------------

eurythmy

eu rythmy
eu rythmy
eu うつくしい
rythmy リズム
eu rythmy
eu rythmy
うつくしい リズム
eurythmy
eurythmy
うつくしい
リズム
星たちの
うつくしいリズム

めぐる
星々の
うつくしいリズム
うつくしいリズム
踊る
星々の
うつくしいリズム
天体
宇宙を
めぐる
のびてゆく
拡大してゆく
宇宙の
リズム
うつくしい
リズム
それは
この星にばらまかれた
わたしたち
にんげんもおなじ
えがく
おどる
めぐる
うつくしいリズム
はなれて
よって
寄って
離れて
めぐりゆくリズム
とおく
とおくからみればそれは
うつくしいリズム
宇宙はここ
わたしのなかにも
それは
つつみ
つつまれる
うつくしいリズム
ねむる
おきる
夢を見る
あるく
はなす
てをつなぐ
あいしあう
わかれる
なく
たべる
おどる
うたう
かぐ
えがく
はしる
とぶ
およぐ
もぐる
はねる
だきしめる
わらう
よろこぶ
かなしむ
さけぶ
ささやく
いきる
うまれる
しぬ
めぐる

eu rythmy
eu rythmy
うつくしい リズム
うつくしい リズム
しょくぶつ
いし
かぜ
つち
ひかり
太陽
あめ
どうぶつ

みず
うみ
むし
ひかり
やみ
にんげん
わたしたちのめぐる
うつくしいリズム


-----------------------

わたしにとり
これ以上にはない、この1年の
しめくくりと
なりました

ありがとうございました。


16:01 |  trackback: -- | comment: -- | edit

live eurythmy 

うたう、 |

DSCF4124.jpg


めきめきとさむい

今年のクリスマスはどんなふうにすごすのかな
とおもっていたら、
なによりも
うれしい場に呼んでいただいた。

夏に大阪、EDANE にてひらかれた展示
EURYTHMY
巡回展が、鎌倉、山のスコレーにやってくる。

そのイベントにて唄わせていただきます。
林青那 さんのライブドローイング
WELT さんの香りの空間演出
とともに。

わー

ことし最後のご褒美に、なりそうです。
小川くん
どうもどうもありがとう


わたしのなかで
むすめと一緒に出会った
シュタイナー

彼女をとおして感じてきた
オイリュトミー

それがどれだけ、いまのわたしの糧となっているか
知れません。
それはむすめのなかにもかんじること。

おおきな、めにはみえない、はてしなく壮大な
せかいを、
そしてしごくシンプルなはずのことを
ひらりとみせてうごいてゆく

おとなもちいさなひとたちも
おとこもおんなも
みんなみんな、
それぞれが自分らしく、自由に生きるとは

おのおのが
おのおのにとっての
ほんとうの自由、を獲得するために
わたしたちは
この世界にはなたれて、
いきている。

だれもが
こたえをさがしている
その途中なのだ

(あれ?こんなことをたしか、星野道夫もいっていたっけ)

真理はきっとおなじ
だから、
外側や、だれかの、こたえ、たとえば知識や形態を、求めすぎずに
たったひとりのわたしのなか
そのこたえを
さがしていけばいい。

誇り高く
やわらかく
自信をもって
そして愉快に
颯爽と、ゆけばいい。

ことばではいいきれぬ
わたしのなかの、
こたえのとちゅうのようなもの

わたしはこえで
なすことができたら、とおもいます。

・・・・・・・・・・・・

◆ LIVE EURYTHMY
satomi ・ Aona Hayashi ・ WELT

唄い手の里美によるオイリュトミーの音色と、
林青那さんによるライブ・ドローイング、
WELTさんによる香りの空間演出。
聖夜を飾る、美しい時間となることでしょう。
林青那さんのライブ中に描いたドローイングを一人一枚お持ち帰り頂けます。
ささやかなクリスマスプレゼントです。

tumblr_obb91zurUT1shsfqgo2_540-150x150.jpg


- LIVE EURYTHMY -

satomi ・ Aona Hayashi ・ WELT


開催日:12/24(土)17:30 OPEN 18:00 START 〜 19:45頃
場所: yama no schole (鎌倉山)
料金:4,500円(林青那さんのドローイングをプレゼント)
定員:18名


予約制となります。
24日にアポイントをされる方は、アポイントと一緒に参加の旨をお伝えください。
LIVEのみお越しになる方は以下のようにメールをください。

予約方法/
件名は「LIVE希望」と記入
1、お名前(フルネーム)
2、人数
3、当日ご連絡の取れるお電話番号(携帯電話など)

以上、3点をご明記の上、 jojojojo0307@gmail.com にご予約ください。
後ほど、予約担当・狼(オオカミ)よりお返事を致します。
☆キャンセル待ちの受付となりました。

◯ 12.24,25 には、ficel.さんによるデザートスタンドがオープンします。
   予約なしでお召し上がり頂けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おそらく
この一年さいごのしめくくり

ありがとう
ありがとう

今夜の月もうつくしい。

お待ちしております

17:22 |  trackback: -- | comment: -- | edit