FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

PB012646mini.jpg

それが
いつからだったのか
いまとなってははっきりと思い出せないけれど
あるときどこかで出会い
じわじわと
ゆっくりと
それは育まれて
きがついたらば
気のおけない大切な存在となっていた。

彼女は社会学の博士であり、
カウンセラーであり
現象学的関係療法家。
その知識はまるで豊かな泉のようで
彼女と話をしていると
それはそれはおもしろくてたまらない。

感覚としてとらえていたこと
どこかでずっと感じていたこと
なんとなくだけれど
「わたし」にとって
とても大事で重要なことがらを
すっと
まるで手品のように
みごとに言葉にする。
それは
わたしというあまりに当たり前でとらえがたい
空気のようにただようものを
ここに
意識させる
という
「わたし」をここに
立たせる。

しっかりと
でも
とても自由に
おおらかに
自然に
ここに、
存在させてくれるようにおもう。

いま
これからの
女性にとって
ちからをくれ
指針となるような
気づきをあたえる。

わたしにはそれが新鮮でならない。
翁川花伊子さん
この方と
あたらしいこころみをしてみます。
彼女のひらく潔くうつくしい場
「ウォルプタスの家」にて

はるのはじまりの二日間
ぴんとこられたかた
どうぞおいでください。

こころよりおまちしております。
以下、花伊子さんからのご案内文です。

・・・・・・・・・・

○みえないものはわたしのいまをひらく(全2回)

赤ちゃん、お子さま連れ大歓迎の企画です。妊娠中、産後の方も大歓迎です。
赤ちゃん、大泣きしてくれてありがとう。ぜひご一緒に、どうぞ。
おひとりでのご参加も、大歓迎です。

●2月24日(日)13:00~15:00
「倍音ワークとアロマ感情解放」

チベットには人が輪になって声を重ねていく倍音ワークがあったそうです。
倍音の響きは体と心を自然にほぐし、ゆるませます。
この響きの中に身を委ねているだけで、体と心が整っていきます。

このワークは、野口整体でいうところの活元運動をより身近におこなえるように、
satomi yamadaさんにご協力いただきうまれました。
ひとりひとりに合うアロマオイルで薫りからもゆるみをお手伝いします。
体の芯からほぐれていく、とても気持ちのよいワークです。

●3月10日(火)13:00~15:00
「声ヨガとアート・セラピー」

日本語の母音を7つのチャクラと対応させて気持ちよく響かせながら、
ご自身の各チャクラを花の絵にして描くアート・セラピーです。
現実生活に根をおろす、とても安全なマインドフル瞑想のひとつを用いています。
はじめての方もどうぞご安心ください。

●ナビゲイター&プレゼンター●

○翁川花伊子

アロマオイル、音叉、玄米などを使い、子どもと女性へ届ける「ゆるみ整体」をおこなっている。
痛みに寄り添う心のコンテイナーでひとの変容に立ち会う。
https://tsukitotaiyou.net/

○satomi yamada

声と言葉、日本語の母音を軸にした「声ヨガ」、うたやワークショップの活動をする。
静寂さと野生とを持ち合わせたひと。
https://www.kinoyouna.com/
http://hibimikan.blog.fc2.com/

●場所● ウォルプタスの家(葉山町)
●料金● 各回 2,000円+税
●ご予約● contact@voluptaspace.info まで、①お名前、②ご連絡先、を明記のうえお申込みください。
●URL● https://www.facebook.com/events/2478835802433358/


13:22 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Feb. 

うたう、 |


mini.jpg


このせかいはまるで
ひとりひとりがみる
ゆめのようなものだ
とあるひとはいう

ならば
どんなゆめをみようと
じゆうだ
それはつまり
どんなせかいでいきるかを
えらべる
そんなじゆうのなかにあるということだ

ならば
わたしは
さて
どんなゆめをみ
どんなせかいにいきようか


2020年
はじまりの
小さなものがたりとうたの会
2月
お知らせです。

・・・・・・・・・

2020. 2. 13 (thu)
a story of Feb.
小さなものがたりとうたの会

「木のことば 森のことば」
高田宏

open /am 10:30
start /am 10:40 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food /  フーヤン (ハタナカイクヨ)
dessert , drink / 西來みとな(cibo)

*場の準備のため、door open は10:30からとさせていただきます。


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみ
こころ
からだをほどいて
ひらく。

このたびは
「木のことば 森のことば」

息子がうまれて間もなくのころ、
ある友人からいただいたお手紙に
印刷した本の一頁が添えられてあった。

わたくしたち木は
争うことなく生きているのでございます

からはじまる
木のことば

これをふと
ひさしぶりにひらき
こえにだして、よみ
またないてしまった。

そして
一枚の紙の端っこの文字を手がかりに
みつけた一冊の
うつくしいタイトル
「木のことば 森のことば」


この本の中に在る
高田宏さんの詩、ことば
また
彼が抜粋した誰かの詩やことば、
また
この表題のひびきに浮かび上がってくる
いつかだれかの
いとおしい
詩やことばたち。

いくつかのおとやうた
ことばのあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

このたびは
さーておまちかね(!)フーヤンの、この日のための特別なお昼ごはんと
cibo の主・みとなさん手製のこころおどる季節のデザートとお茶を
ありがたく
わくわく
しみじみいただきながら、
シェアリング

どぞどぞ
ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を2月9日(日)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・

この人生で
木にたすけられたことは
なんどもある

木を見上げ
木をだきしめだきしめられ
風にしなる
森の姿に身をとめる
 
かれらの存在から
わたしたちが
気づかされ
うごかされ
また
寄り添われていることを
知る。

ciboさんの大きな窓
そのすぐ傍らには
木々、森の気配がする
鳥たちのこえがする
川のせせらぎが
ひかりがおどる

いつもあたらしく
またかわらずに
在る

本年も
こころより
お待ちしております。



16:33 |  trackback: -- | comment: -- | edit

2020 

未分類 |

PA062460mini.jpg

新年
あけましておめでとうございます

ああ
あたらしいひび
あたらしいこと
あたらしいこきゅう
あたらしいいま、いま

たからかに
ほがらかに
おだやかに

けしき
からだ
このせかいの
みえるもの
みえないもの
じかん
じくう
すべてをつつみ
おりなしている
微細なつぶつぶが
もっと微細に
もっとこまかくなってゆく

それがひかって
やわらかく浸透してゆく
このせかいに
わたしじしんに
このからだ
このうちゅうのなかに
うつくしいしじまとなって
波紋となって
ひろがってゆく

ああ
あたらしい
あたらしいわたしよ
あたらしいひびよ

あちらこちら
いつかどこかで
ご一緒できましたらばさいわいです

ごあいさつおそくなったけれども
旧暦の新年もちょうど
あけました

ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてください
あいしています

ことば
ことば
うつくしくちからのある
ことだまとともに
本年もよろしくおねがいいたします

あたらしい
いまをゆく
同士として
ちかくにいても
はなれていても
おのおのが
まっすぐに
おのれであるように

面白い時代を
ゆき
すすんでゆくのです

いざ
あいをこめて






14:11 |  trackback: -- | comment: -- | edit

1225 

うたう、 |


1225image06ミニ


12がつ
もうこのいちねんもおしまいとなる
のうみつな
めくるめく日々だった

このとしのくりすます
たいせつな
聖夜のひととき
こんなしあわせな場と機会を
いただきました

himmel のおとと、そんざい 
そして
山下りかさんのライヤーの静謐なひびきとこえ
そっとそこへ
わたしもまじらせていただきます。

・・・・・・・・

ampelopsis 音楽会
うたとライアー
“たったひとつのこと”


わたしたちの
うちにある
光の広がりを感じていく
特別な日

響き、静けさ、物語
美しい時間をともに
過ごしましょう


山下りか:うたとライアー
Kinoyouna / satomi yamada:うたと朗読
Sidhe:ギター



日時:2019年12月25日(水) 
14:00~15:30 (開場・受付は、13:30からになります)

場所:鎌倉山集会所
京急バス 鎌倉山行き 「若松」バス停下車 徒歩1分
鎌倉市鎌倉山1-15-13

料金:4,000円 (ハーブティー、shimaさんのお菓子と、小さなおみやげつき )

小学生:1,000円 (お茶、お菓子つきと、小さなおみやげつき)

☆未就学のお子さまも同伴可能ですが、
ライアーや歌の響き、 静けさも感じていただきたいと思っています。
お子さまが、泣いたりしてしまった場合などは、
他のお客様へのご配慮をお願いいたします。ご理解のほど、 よろしくお願いいたします。


ご予約方法:
お名前、ご連絡先、人数を明記の上、
himmelschule@gmail.com までご連絡ください .

・・・・・・・・

himmelの一家はわたしにとって
なにか特別な、不思議なご縁で
この方たちの
やはらかくおだやかな
くうき、話しごえ、えらぶもの、たたずまいや物腰に
ほっとする
すくわれる
無防備に
わたしがわたしでいられる
うつくしいひとたち。

わたしのなかのあたらしいひかりが
ともるように
それぞれの
あたらしいはじまりとなるような
くりすますのごご

こころより
おまちしております。

23:35 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Dec. 

うたう、 |

PA302613mini.jpg


むすめとはなしていると、
ああ
むすめのほうがわたしの
ごひゃくまんばいもかしこいし
ずうっとさきをあるいている

とおもって
そういうと
がんばれ

むすめはいう

がんばる

こわがって
おじけづいていても
せんないことなので
あるく
ばかなりにあるく

ことしもあっというまにさいごのつき
12がつ
ちいさなものがたりとうたのかい
おしらせです。

・・・・・・

2019.12.9 (mon)
a story of Dec.
ちいさなものがたりとうたのかい

norito / 祝詞
みなかのはらいのことば ・ ひふみ

open /am 10:30
start /am 10:40 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food /  濱口ちな
dessert , drink / 西來みとな(cibo)

*場の準備のため、door open は10:30からとさせていただきます。


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみ
こころ
からだをほどいて
ひらく。

12月のものがたりは
ふるいにほんのことだま
みなかのはらいのことば

ひふみ祝詞

これでこのとしをしめくくりたいとおもいます。
2011年から
雨の日も風の日もはれのひも
なるたけ毎日
(いえないこともあったけど)
くちにしておとにしつづけている
たいせつなことば
このふたつをていねいにおとにしたいとおもう。
きょうゆうしたいとおもう

いくつかのおとやうた
ことばのあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

このたび
フーヤンごはんはスケジュールの都合により一旦おやすみ。
濱口ちなさんによる
この日のための特別なベジごはんと
cibo の主 みとなさん手製のこころおどる季節のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

濱口ちなさんはむすめのがっこうで知り合った
うら若きお料理のひと。
学生の時分からすでにあちこちのイベントや
ケータリング、出張カフェで活躍していた彼女のごはんを
たべるとき、
深いところからのしあわせとまんぞくにおどろく。
やはらかくゆるむ。つつまれる。
ちいさなころからベジタリアンだという生粋ちなのベジごはん、
この機会に体験してもらえたらとねがう。

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を12月5日(木)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・

告知が間際となってしまいました。
、、、。
ご予約が必要人数(5名)に満たない場合は、
恐縮ながらごはんなしの開催となりますこと、
どうぞご了承下さい。
その際は事前にご連絡をいたします。

つめたいあめがふって
ストーブをつける
ふゆだ
ふゆだ
ふゆのなかだ

こころより
おまちしております。



PA292581mini.jpg






14:07 |  trackback: -- | comment: -- | edit

おわび 

未分類 |

PA302592mini.jpg

1117
kurakura さんでの
うたの場は
開催を見送らせていただきました。

うたえなくなってしまった
私の心身のふがいなさを
もろさをなさけなさを
心より
おわびもうしあげます。

それでも足を運んでくださった方
ご予約を頂いていた方々
そしてこころをつくして支度してくださっていた
kurakura のえみさん、よしみつさん
ほんとうに申し訳ありませんでした。

いともやすやすと
こわれてしまうこのこれを
なんとかせにゃあとおもうのです
はずかしくおもいますが

またたちあがって
うたおうとおもいます。

よろしければまた
そんな場をご一緒していただけたなら
これほどうれしいことはありません。

こころよりおわびと
かんしゃをこめます





08:21 |  trackback: -- | comment: -- | edit

ほいほいほい 

未分類 |

PA042455mini.jpg

かなしいこともあるけれど
それは
そのままに
くやしいこともあるけれど
それも
そのままに

うれしいこと
うつくしいこと
やさしいことも
あるのだから
それをなるたけ
ふくふくと
かんしゃし
かみしめて
いきていこう
ありがとう

ありがとうっていって
ときに
みてしもうた
ふれてしもうた
おろかささえ
いぢわるさえ
ゆがみさえ
つつめ
つつみこめ

そういう
ゆたかさを
やはらかさを
ほがらかさを
できることならゆーもあを
たやさないで
いられたらとねがう

ひっくりかえっても
ふきとばされても
かえってこい

ひとあしひとあし
いきるのです
すきっぷ
すてっぷ
あるくのです



08:08 |  trackback: -- | comment: -- | edit