FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

八月 

未分類 |

fh000010mini.jpg



足のうらに
突き刺さった雲丹の棘が
10日かかって
ようやく抜けた

右の足に三本
あまりにしっかり突き刺さっているので
毛抜きでつついても
梅干しを貼っても
むしろ中に埋もれて身体はこれを受容しようとしてみせるので
これはもう
このまま抜けないのかともおもわれた

この話をみなにしたら
わたしも
わたしもと
腕や指にかつて刺さってまま抜けなくなった
鉛筆の芯を
見せ合いっこしたりした

わたしにもシャーペンの芯が一本
指につきささって
黒いままだ

いやいや
でもでも
これはこれは
痛いんだ

足を地面につけるたびに
ずきんずきんと痛むし
足をひきずって歩くような日もあったのだ
どうにもこうにも
そんなとき

ふと相談したおんなのひとが
レメディをくださった
これを飲んでいたら自然にぬけてくるよ、と
それから化膿したときのものも
小さい袋にいれて、くれた。

それから、
どれどれと見てくれた足のうら
刺さったところは
これ、たぶん里美ちゃんに必要で刺さってるね
という。

訊けば
とても思い当たる場所ふたつで
そうか、今のわたしはここに
刺激なり、なにかを必要としてここに
こうして雲丹の棘がささったのかと
なんだか
深く、納得してしまった。

そうおもえば、ただただ迷惑で憎いだけの棘でもない
もうすこし見守ってみようとおもう
でも痛いからできれば
出てきてほしい
そうおもって
それから数日を過ごした。

レメディを希釈した水をちびちびのみながら
こえかけながら
棘に、自分に、自分のなかに。

おもしろいくらい
なにもかもが
つながってるんだよーと
そのひとはいう
必要でないことなんて
関係のないことなんて
なんにもないの
それはそれは見事で、それに
気がつくと
おっもしろいよーー
って
いう

わたしも
もっと
なにもかもを
いたいことも
つらいことも
かなしいことも
ちょっとまって、ひどいじゃんておもうことも
なにもかもを
ああこれはひつようでありがてえことなんだと
すっと
おもえたらいい

仏とか
観音さまみたいによ

だいじょうぶと
だいじょうぶでないが
こうごに
くりかえし
やってくるんだよ

その波を
きもちよく
のりこなせたらいい
いいんだよな

とにかく
棘はさきほど
三つめがぬけた
これは一番太くて、一番がんこで、一番痛かったやつで
ここ数日
調子よく一日一本抜けてきたほかの二本に遅れて
三日もねばっていた
子だ

ひとつめは毛抜きですぽっと
音がするくらいにきもちよく
ふたつめは
指で下から押してたら
嘘みたいにぴょんと
飛び出してきてどこかへきえた
(二度と踏みたくない)
みっつめは
もう、ちょっと強引だけど
ハサミでわずかに切り込みをいれて
押したら
にょきにょきでてきた

これで晴れて
すべての棘がぬけた
こんなにすっきりなことはない
ってくらいに
清々しい足のうらである

どうもありがとう
どうもありがとう







13:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

夏休み 

未分類 |

fh000009mini.jpg

八月
は、暑いので
夏休みとし

自宅での
feeling voice, a small meditation
また
ciboさんでの
小さなものがたりとうたの会
をおやすみいたします。

feeling voice, a small meditation
は、
出張では伺えますので
ご相談ください。
(我が家には空調設備が扇風機しかないので、あまりに過酷なのです)

みなさま
あちこち
体温をこえるような気温で
くらくらするような夏ですが
どうぞご自愛の上
すこやかにお過ごしください


わたしも
スイカ
かきごおり
早朝のうみ
昼寝
月光浴
大家さんのトマト

なんとかこの夏をのりきってまいろうとおもいます

はー
あつい

でも
これも
あれも
いちどきりだからね

12:14 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Jul. 

うたう、 |

P6030496mini.jpg

7月3日は
父と母の結婚記念日で
だから朝、電話をかけて
おめでとうという。
41年目ですと父が言う。


夏がきて
朝はれていて、
時間があると
自転車をこいで
泳ぎにいく。

ひとりでいって
挨拶をして
ざぶざぶはいって
ぷかーとうかんだり
青い水のいろを漂ったり
波にのっかってちょっと進んだりするのが
いちばんだ

わたしはおもう

海からあがって
身体をふいて
もちろん服を着て
木の下で拾ったプラムなんかをたべて
かえる

思春期頃からずっと
わたしは
一匹狼だ

この町に暮らすようになって
ことのほか友人にもめぐまれて
ずいぶん
誰かと一緒に過ごす時間の愉しさやうれしさも味わっているけれど
基本のこれは
かわらない。

こういう時間は
せかいと
わたしが
ひとつになるから

さてさて
七月
a story of Jul.
ちいさなものがたりとうたのかい
のお知らせです。

・・・・・・・・・・・

2018.7.24 (tue)
a story of Jul.
ちいさなものがたりとうたのかい

「十善戒 と ふたつの真言」

am 10:00 ~ 13:00頃
at cibo (葉山・上山口)  → 
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food / ハタナカイクヨ
dessert and drink / 西來みとな(cibo)


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。

七月のものがたりは
短いお経のひとつ、
「十善戒」

わたしは特に仏教信者というわけではないのだけれど
以前、
月に一度ひらかれる
鎌倉・明王院さんでの護摩焚きに赴いたとき
配られる経本を手に手に
みなで長く読経するなかのひとつにこの
十善戒があった。

最後にひらっとその経本を裏返すとその
訳文がのっていてそれが、
あまりにまっすぐにこころにきて
しばらく、うごけなかった。
何度もくりかえし
それを読んだ。

以来、毎朝
祝詞や般若心経につづきこの十善戒も声にのせている。
いつか
ここでも共有できたらなとおもっていた。

シンプルで
生きるのにとても大切な
わすれたくないような
ことが10
ならぶ。

あるときなにかに
思い悩んでいるようすの娘にみせたら、
目を釘付けにしてそれを読み
いたく気に入っていたので
メールでおくったらよろこんでいた。

よいのです
よいのです

それから、
その響きを気に入っている
ごく短い真言をふたつ


いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
料理家ハタナカイクヨさんのおひるごはんと
cibo の主 みとなさん手製のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を7月20日(金)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・

ひとが生きるに
よりどころとするのは
なんだっていい

ただ
それぞれが
それぞれの中心と
そこにある神性を
ふっと
慈しめるような
だきしめだきしめられるような
つつみつつまれるような
そんな瞬間がきっと
だれにしろ
大事なんじゃないかって
おもう

この七月をわすれない

本番のなかを
はしっていく


夏の風
夏の川
夏のひかり
ただなかで
こころより、お待ちしております。


いつもありがとうございます






17:15 |  trackback: -- | comment: -- | edit

Älvahome  

うたう、 |

P3070299mini.jpg

かみさま
と、
天を仰ぎ見るような
うれしい瞬間や
ご縁というのがときとしてあるもので

(わたしはそれが多いんじゃないかといつもありがたくおもうんだけれど
でもあれ、
その逆もびっくりするぐらいのがくるから、
どっこいどっこいかなとはおもう。
なんにしろ、波乱万丈の、こまったようなおもしろい人生である
おもろいっていうしか、ないからね。ほんま。)

その
ものすごい大きなよろこびのご縁があった。

浦和に拠点をかまえる
Älvahome
のご夫婦である。

そも、この御縁をつないでくだすったのが
わたしと同じ名前、里美さんというそれはうつくしい女性なのだけれど
ここを説明しはじめると、数珠つなぎ式で
ものすごくたくさんの背景やこれまでの大事な御縁たちを
ぜんぶ話さないといけなくなるから、
ここでは割愛する。

ちょっとまって、
こんなひと、いたんですか
という、
トトロみたいに貴重な
なんとも言葉にしがたい、
それはすばらしい若いご夫婦である。

その生きる姿勢が
おふたりの大切にする、
誰にもさわれず、侵されない真空の領域が
ほんとうにうつくしく
慎ましいなとおもう。
やわらかいんだよなとおもう。
まだすこうししか知らないんだけど
なにか、ちょっとしたことを垣間見るたび、
言葉をきくたび、
おもう。
しずかに浸透していく。


ご夫婦
ご夫婦と
言い続けるのもなんなので
菅原正観さんと和美さん。
セラピスト・鍼灸師さんです。

ご縁をつないでくだすったのは
ハーブのひと、
kaya
おおしまさとみさん。

7月、海の日にこちらで
うたの会を出張でひらかせていただくことになりました。
わあ。

通常施術をおこなう神聖な空間にて
うたの輪をかこませていただきます。
とびきりきれいなハーブティをkaya さんが、
とびきりおいしいお弁当をnofuさんが
ありがたいことにご用意くださいます。
わあ。

・・・・・・・・・・・・

7/16(月祝)
うたの会
a circle for feeling voice

at Älvahome (浦和)
9:30 - 12:30
fee 2000en + donation

koe - kinoyouna (satomi yamada)
food - nofu
herb - kaya

http://elva-no-ie.wixsite.com/elvahome

・・・・・・・・・・・

ここではそのよろこびとご報告を。
実はおどろくこと、ありがたいことに
すでにご予約が定員に達しております。
ありがとうございます。

一度ならず、今後またこちらでの機会がありましたら
ぜひ、お越しください。
(そんな予感がちょっぴりします)
また
エルバホーム
方方でも、さまざま素敵なことを
していらっしゃいます。
こころにとめていただきたい
貴重な場所だなと
おもいます。

うみのひが
まちどおしい
7がつのはじめ

精進していきます
よろしくおねがいいたします


13:34 |  trackback: -- | comment: -- | edit

merci Osaka 

未分類 |

IMG_5511mini.jpeg

大阪より
かえってきました。

のうみつで
やらかくて
ゆめみたいで
やさしくて
あたたかい
おおさかの3日間でした。

わたしはキャメラをもっていったのに
一度もなんにも映さずに
かえってきてしまった
ので、
旅よりかえって
Sidheさんより送っていただいた写真をひとつ
のっけてこの
旅の余韻といたします。

410さんでの今回のライブは
Sidheさんとご一緒することで
なにか
やったことのない領域へとびこめたような感覚がしています。
さいしょで
さいご
二度と、おんなじ瞬間はやってこないだから
これは
ほんとうに
みていただきたかったので
定員をはるかに超え、想像以上にたくさんのお客様にいらしていただけたこと
ほんとうに
ありがたく
おもっています。

ほんとうに
ありがとうございました。


たびの間
あたたかく迎え、場を調え、宿泊までさせてくだすった
410さん
久しぶりにおじゃました
EDANE さん
米day no.1 さん
心身にじゅわじゅわいただいたやさしさが
どんなにうれしかったかしれません。
ライブ前に木陰でお昼寝をさせてもらった公園の木、
ありがとう。

今回、摩訶不思議にも同じタイミングで
大阪入りしてイベントをしていた
Mount Shasta Apothecary のあづさちゃん
彼女の御役目を果たす姿もみさせてもらい、
そしてライブにも足を運び見届けていただいて
ほんとうにうれしかった。
ありがとう

最後に
dessin の土井さんに送ってもらった
EDANEのうつくしい窓辺で
あづちゃんのカウンセリングを受けるの図
の模様をくっつけて
おひらきにしたいとおもいます。

自力でこえられるかどうかわからなかった
6月が
おわる

こころより
ありがとうございました。


image2mini.jpeg

12:54 |  trackback: -- | comment: -- | edit

Osaka Okinawa 

うたう、 |

P6210530mini.jpg





夏至

仕事から帰って
ふと二階、
娘の部屋へあがったら
天国みたいに
ひかっていた

自転車にまたがって
海へ下り
きょうのひのたいよう
ひかりが
ちょうど海のなか、山の向こうへ
おりてゆくところを
みとどける

今日という日が
おわってゆく

当然のようで偶然
ぱたぱたと友人たちに会って
近所に蛍をみにいった
森と
水のすきとおる
のうみつなけはいとにおいのなかで
ひかり
ただよう
蛍の尻をみた

さて
大阪へいってまいります

いま
あの地へゆくことに
なに、なにかしらの意味みたいなものがあるのかなとおもう
表面にあらわれようと
あらわれなかろうと
自覚しようと
自覚しなかろうと
黙々と
ただ

いま
だけの
わたし
このわずか
かぎられた
いま
の、わたしこのからだから
その場から
なる音、はどんなだろう
それは未知で
興味深く
たいせつに
おもう

ただちからをぬいて
いま
でしかないことを
やりきって

あとで
とか
また
とかは二度と
ないんだ

いま

いま

そこから逃げない
逃げようがない


そして
こちらへかえってきて、の
6月27日
a story of Jun.
現在、お席に余裕がございます。

あ、
という方、いらっしゃいましたら
ぜひ。


おひるごはんは、
ハタナカイクヨさんの十八番
絶品・沖縄料理。

この町へ来る前、沖縄に暮らしていた彼女の
こしらえる島ごはんは、
うー
うなってしまうほどの
美味しさです。

ひとつ
ひとつ
いちどきり

こころより
お待ちしております。

/
おきなわせん
きちのこと
それらを
ないほうして
こんかいは
いのり ということに
フォーカスをあててみたいとおもう
















12:38 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Jun. 

うたう、 |

P4180366mini.jpg



おきなわは
とおくにあって
いつもすぐ
ここにかんじることもできる

とくにおきなわのうまれだとか
その血をついでいるとかいうわけじゃないけれど

むすめがまえに
ママはおきなわとむすんでいるから
といったことがあるけど
そういうふうな
たぐいの縁だというとしっくりくる

ここ数年あのしまへは
行っていないけれど、
目を閉じて
たとえば
海を前にしたとき
ここと
あのうみが
まっすぐに
つながるのを
かんじる

いっしょになるのを
かんじる

きょりはかるがると
こえることができる

さて
六月
わたしは40になりました。

そのずっしりした感触に
すこしおどろくけれど
そんなにはしってきたんだなと
わがみをなでてやりたくもなる。

さてさて
a story of Jun.
ものがたりとうたのかい
六月のおしらせです。

・・・・・・・・

2018.6.27 (wed)
a story of Jun.
ものがたりとうたのかい

おきなわ
「神語り・昔語りの伝承世界」

am 10:00 ~ 13:00頃
at cibo (葉山・上山口)  → 
10名
place & food charge 2,200en (軽食とお茶、デザートつき) + donation




になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。

六月のものがたりは
「おきなわ」

沖縄慰霊の日(6.23)
をむかえる、この季節は
沖縄を主題にえらんでいる。

今年、こえにだしてみたいとおもうのは
この地域、島々に伝わる
神話や昔話

古からの言い伝えや語り継がれた
ことばのちから
ものがたり、
島のうたをかんじてみたいとおもう。

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
料理家ハタナカイクヨさんのおひるごはんと
cibo の主 みとなさん手製のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を6月23日(土)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・・・・

ここにはきっと
なにもかもがあって
じかんや
きょりとかは
かんたんにとびこえる
とりだしてみることができる
んじゃないかと
ふとしたとき
おもう

おもうというか
おもいだす
ことがある

ときどき
このまま
とべるんじゃないかとおもう
まるでとべるきがする

そういうのは
ほんとうは
そうなんだとおもう

それをわすれてしまっているだけ

で、ここへはなにをしに
きたのだったっけ


さて
六月の
しっとりとした
肌さわりと匂い
青々した空気と水
のなか
こころより
お待ちしております

いつもありがとうございます。



22:32 |  trackback: -- | comment: -- | edit