FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

a story of Sep. 

うたう、 |

P8122098mini.jpg



この夏も
あついあつい
あああつい
どうやって生きたらいいかわかんない
といいながらなめくじみたいにのたくっているうちに
あっという間
あっという間に
朝晩には涼しい風がふいて
窓をしめなけりゃ寒いくらいで
あれれ
今年もまた
秋がまじりこんできたなと
さみしくおもう

夏のあいだにやりたかったこと
大正屋のかきごおりも食べていないし
あれもこれも
やりきって
つぎの季節にゆかなけりゃあ

かたわらをみれば
息子はおしりをふりふり
はいはいの準備にいそしんでいる

あともどりはない
いちどきりを
いるんだや

さて
九月、ちいさなものがたりとうたの会
おしらせです。

・・・・・・
2019.9.11 (wed)
a story of Sep.
ちいさなものがたりとうたのかい

「祈り 原理と作法」 
森本 武 / 著

open /am 10:30
start /am 10:40 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food /  フーヤン (ハタナカイクヨ)
dessert , drink / 西來みとな(cibo)

*場の準備のため、door open は10:30からとさせていただきます。



になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。


9月のものがたりは
森本武さん・著
「祈り 原理と作法」

てのひらくらいのさいずの
ちいさなこの本は以前、この町の本屋
カスパールで手にとりひとめぼれして買ったものだった。

買ったはいいが
なんとなく読破できないままいたのだけれど
このごろふとひらいてみれば
ああ
いまこれをよみたいな
共有してみたいなとおもう。

祈る
祈り
とは
祈りとともに生きる、とは

だれでも
どこでも
できることであるはずの
祈り
とはいえなかなか言葉にして説明のしにくい
この祈りのちからについて
すっとことばにしてあるこの一冊。

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
「フーヤン」こと、料理人ハタナカイクヨさんによる
この日のための特別なおひるごはんと
cibo の主 みとなさん手製のこころおどる季節のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を9月7日(土)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・

庭にカンナの花がさいた
蝉しぐれをきくとほっとする
九月はすっかり秋かしら
どんな色姿をしているかしら

はじめてのなかを
だれしもが
あるいている
それはこどもや赤子にかぎったことでない

大きな窓のうつくしい場で
こころより
おまちしております。

14:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

いかなくちゃ 

未分類 |

P8092082mini.jpg


なにをしんじるって
じぶんのなかと
じしんのちょっかんを
しんじる
ゆれてもいい
ゆれて
そこへかえってこれたらいい

なににしたがうって
わたしじしんの
こえにしたがう
それにまさるこたえ
なんてものはない
まどわされるな
まどわされてもいい
まどうて
そこへかえってこられたらじょうとう

いわかん

かなしみ

やりきれなさ

うやむやにしたいとこだけど
きっとわたしじしんにとっては
ほんとうのこと

それにふたを
しなくていい
みないふり
きにしないふり
しなくていい

へんだ
とおもったら
それは
へんだ
わたしにとっては
それがしんじつだ

しんじつは
ひとのかずだけ
あるのだから

わたしのおうこくの
あるじは
わたしだ
そのことを
わすれるな

ひれふすな
みうしなうな
げぼくとなるな
ごまかすな

ほこりたかく
どうどうと
ここにいきよ

どこがどうなっていま
どうしてここにいるのだか
かいもくわからなくなって
とほうにくれることがある
ないても
ねむっても
かきむしっても
なにもかわらない
ここがどこだか
いまがいつだか
わからなくなって
ほうけてしまう

たすけてくださいと
そらにいう
おじぞうさまに
てのひらをあわせる
おしえてくださいと
うみにいう

わたしは
わたしは
わたしはいったい
だれなんだ

ちいさなひとみに問う
わたしでよかったのか
ここでほんとうに
よかったのか
するとちいさなめが
わらう
くしゃっと
こちらをみてわらうのだ

わたしはあなたに
なにもよういしてやれない
そのうつわを
かたちを
けいたいを
よういしてやれなかった
ことを
わたしはこころぐるしくおもう
わたしはもっと
ふつうがよかった
そういうところへ
あなたをむかえたかった

そうおもう
ふつうの
おんななはずだった
そうおもってた

ふつうってなんだ

かたちなくとも
せめてわらっていられるだけの
てのぬくみ
あんしんやまるいもので
まもるもの

なぜ
どうして
そういうことばは
むなしく
なににもとどかない

ここはどこだ
わたしはだれだ
どこがどうなって
わたしは
いったい
なにをやっているんだろうか


まっていても
しんじていても
ただ時ばかりがすぎていく
ずるずると
ここへきて
たっているのだ
ばかなのか

ばかおんな
めをさませ
スカートのすなをはらい
たちあがれ
あるきだせ
てをはなせ

せすじをのばし
うみをみよ
ほほえんで
そらをみよ

あなたはどうどうと
あなたでいなさい
かくごをきめて
あるきだしなさい

もういかなくちゃ



10:06 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Jul. 

うたう、 |


P5221612minii.jpg

6月のa story of Jun. は
都合により開催を見送り、
おやすみをいたしました。
ご予約をいただいていた方々に
心よりお詫び申し上げます。



気がつけば
夏のなか
蛍がすーすーと
夜の中を飛んでいる
闇夜のなかのひかりは
なんどみたって
まほうみたいだとおもう
目をあげれば
空には星が
おなじようにまたたいている

こりゃ
摩訶不思議な世界に
わたしたちは生きている

さて
七月
ちいさなものがたりとうたの会
のご案内です。

・・・・・・・・・・・

2019.7.11 (thu)
a story of Jul.
ちいさなものがたりとうたのかい

「うみがここへきたはなし」

open /am 10:30
start /am 10:40 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  → 
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food /  フーヤン (ハタナカイクヨ)
dessert , drink / 西來みとな(cibo)

*場の準備のため、door open は10:30からとさせていただきます。
はじまりの時間が前回より40分遅くなりましたので、ご留意下さい。


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。


7月のものがたりは
あらためまして
「うみがここへきたはなし」

この二月にわたしは自宅で、
ほぼ自力で
自然出産をすることとなった。

ここにちからづよくちいさな
ひかるいのちがやってきた
そのときのこと、
そのはじまりからつづく
わたし自身のものがたりを読みたいとおもう。

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
「フーヤン」こと、料理人ハタナカイクヨさんによる
この日のための特別なおひるごはんと
cibo の主 みとなさん手製のこころおどる季節のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を7月7日(日)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・

ここでの場
8月は暑さと空調の関係上
なつやすみ。

夏のひとわを
ご一緒できればさいわいです。

紫陽花
つゆ草
キョウチクトウ
夏の花がつぎつぎと咲いては
入れ替わっていく
しゃがみこめば
あれ
ホタルブクロも咲いている。

田んぼには
時をとめるほど
あざやかな紅色の
赤とんぼをみた

いちどきり
いちどきり
いちどきりを
はしっていく

こころより
お待ちしております。







17:31 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Jun. 

うたう、 |


P6011686mini.jpg

6月は
生まれ月というのもあるのか
とてもすきな季節で
窓からの
ぴかぴかにひかる緑の葉が
しごく
ひかってみえる

夕暮れすぎの
薄夕闇のなかでは
独特の緑色を映え
浮かび上がらせる

そのようす
めにみえる景色
そのあたりまえ
風にゆれそよぐさま
それをみつめる静寂と沈黙
という対話
あることが
ここにあるこの御霊をしずめ
幸福にひたし
世界とともにあることを今、たらしめる。

さて
お知らせが間際となってしまいましたが
六月
ちいさなものがたりとうたの会
ご案内です。

・・・・・・・・・

2019.6.17 (mon)
a story of Jun.
ちいさなものがたりとうたのかい

「うみがここへきたはなし」

open /am 10:30
start /am 10:40 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  → 
10名
place & food charge 2,000en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food / わっぱめし弁当 (seadling)
soup and dessert , drink / 西來みとな(cibo)

*場の準備のため、door open は10:30からとさせていただきます。
はじまりの時間が前回より40分遅くなりましたので、ご留意下さい。


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。

6月のものがたりは
「うみがここへきたはなし」

ここにちからづよくちいさな
ひかるいのちがやってきた
そのときのこと、
それをとりまくわたし自身のものがたりを
そのはじまりを
ここで読みたいとおもう。

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
(今月はスケジュールの都合によりフーヤンはお休みにつき)
黒米入り玄米と季節野菜が美味しい
seadling さんのわっぱ飯弁当と
cibo の主 みとなさん手製のスープ・季節のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を6月14日(金)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・

なにもかも
ひつようなことが
おきるべくして
おきている
のだから
なにがあっても
だいじょうぶ

しっていることだ

さて
緑の茂り、蝶の舞う
おおきな窓辺で
こころより
お待ちしております。

23:08 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a circle for  

うたう、 |

P4121487みに


elva home のおふたりに出会ったのは、
そういえば
この身に
このちいさな子を授かったあとからで
赤さんというものは
たくさんの
贈り物をもってきてくれるということだから
この出会いもまた
そのかけがえのないもののひとつ
なのだとおもっている。

産前、産後と
このおふたりは
やわらかい魔法の手、
おいしいごはん、
やさしく安心する空気を、
運びにやってきてくれて
たくさんたくさん
たすけてもらった。
包んでもらった。
だいじょうぶだよ、と
おしえてもらった。

敬愛するご夫婦だ。

六月
大好きな季節に
ふたたび浦和・エルバホームにて
うたのわをかこみます。

毎度、毎度ありがたいことに
すでに満席となりましたので
ここにはそのご報告と感謝を。

・・・・・・

a circle for feeling voice-
2019.6.16.Sun.
10:00-13:00ころ

Koe kinoyouna (Satomi yamada)
Food 武山ふみえ
Herb kaya

kinoyouna-Satomiさんをお迎えし、3度目となるうたの会をひらきます
武山ふみえさんのお弁当とkayaさんのハーブ
夏至まえのまんまるお月様の日に
どうぞどうぞ おたのしみに◯

at Älvahome
さいたま市浦和区東仲町24-10

fee 4500yen

・・・・・・・

ありがとう
ありがとう

夕日を眺める時間がずいぶん
遅くなったなあと思ったら
そうか
もうすぐ夏至なのだ

15:26 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of May. 

うたう、 |

P4131491みに


ちいさきひととの
まいにちは
じかんときおくがあいまいで
ふわりふわりとまたたくまーに
ひびは
きせつは
すぎてゆく

まるでまほうかたぬきかきつねかに
ばかされているような
ふしぎなまいにち

4ヶ月ぶりの
ちいさなものがたりとうたのかい
5月よりふたたび
はじめます。

・・・・・・・・

2019.5.29 (wed)
a story of May.
ちいさなものがたりとうたのかい

「ことばではないもの」

am 10:30 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  → 
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food / フーヤン (ハタナカイクヨ) → 
dessert and drink / 西來みとな(cibo)

*はじまりの時間が30分遅くなりましたので、ご留意下さい。
*満席となりました。ありがとうございます。


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。

5月のものがたりは
「ことばではないもの」

日常のことばからすこしはなれ、
ことばではない
直接的な意味や分類をなさない
おと、こえ、うまれるもの
そのあいまいで
つかみきれない
じゆうなものたちを
この場で共有
してみたいとおもう。

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
久方ぶりの!!
「フーヤン」こと
料理人・ハタナカイクヨさんによる
この日のためのとくべつなおひるごはんと
cibo の主 みとなさん手製・季節のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を5月25日(土)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・・・

あたらしいかぜがふいて
すこしやすんで
あたらしくなってぐるり
ふたたびかこむわを
ご一緒できればさいわいです

窓のそと
あおあおした森の木々
ゆれて
ひかっているかしら

こころより
おまちしております。


18:06 |  trackback: -- | comment: -- | edit

くらすことの本 

未分類 |

P4161502みに


出産前、
ふとお声をかけていただいて
「くらすことの本」
創刊号によせてもらいました。

こんなうれしく、ありがたいご縁を
はこんでくれたのも
素晴らしい友人たち
そして
おなかの子の
おかげだなとしみじみ
おおきなおなかをかかえてしばらく
じーんと喜びをかみしめた。

そうして産後
届いたこの本は
おどろくほどに
わたしにとってタイムリーで
またわたしだけでなく
おそらく
いま、この変容のときをゆく
多くのおんなのひとたちにとって
ふくふくとゆたかで
まっすぐとたてるような、
よろこびをはこぶような、
智慧ともろもろにあふれていた。

きもちのよく
うつくしく
おもしろい
すばらしい一冊です

ぜひたくさんの方の手に
とどきますように

そうして
ゆかいに
ゆたかに
ゆめのように
ゆにーくに
いま
いまを
わたしたちが
いきられるように。

こころより
かんしゃをして




11:35 |  trackback: -- | comment: -- | edit