日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

a story of Feb. 

うたう、 |

DSCF4231.jpg

ゆきがふると
身をふるわせて
それをなるたけ家の中から
眺めるものだけど

ゆきのなかを
がっこうからかえってきたむすめは
傘もささないで
ふるゆきのなかを
頬をあかくして
めをまるくして
うれしそうに
くるくるまわったりして
そこにいつまでも立っていた

わたしもずいぶんといまだに
子どもじみているとおもっていたけれど
ああ
ほんもののこどもとは
こういうのなんだなとおもう

まどのそとがとても
眩しく
うつくしくみえた


さてさて二月
a story of Feb.
のおしらせです。

・・・・・・・・・・・・・

2017.1.27 (mon)
a story of Feb.
小さなものがたりとうたの会

長田 弘
「 人はかつて樹だった 」

am 10:00 ~
at cibo (葉山・上山口)  →  

place charge 1,000en (お茶とお菓子つき) + donation




になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。


二月の物語は
長田 弘さんの詩集
「人はかつて樹だった」

昨年の一月にも長田さんの詩を読んでいて
その頃
町の図書館で手に取ってひらいたこの詩集を
その場で立ったまま
読んで、
目の前が水でいっぱいになって文字がよくみえなくて
あごから水が
したたり落ちていたのを
覚えている。

いつかまた長田さんを
と、
そのときにはこれを
と、おもっていた一冊です。

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
cibo の主 みとなさんお手製の
美味しいお菓子とお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お菓子のご用意がありますので
  可能な限り事前にご予約をいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・

あるいていてふと
沈丁花や
オオイヌフグリを
みつける

空気はつめたいけど
はるは
かくじつに
ここへうごいてきている

いや
ここが春へと
動いていっている

二月のお菓子はどんなかな
たーのしみ

ときは雨水から
啓蟄へむかうころ

お待ちしております



22:24 |  trackback: -- | comment: -- | edit

誕生日 

こども |

DSCF4230.jpg


むすめ
15歳となる

そういえば
一見、おとななみにおおきくなった
わけで

それはつまり
こんなわたしが 母 というものになって
15年
ということになる。

ちっともすばらしい母でないので
とりあえず謝る

そして
そんなわたしの傍らに
誰よりも近くにこれまで
そう、15年間
ともにいてくれて
ありがとう

ここへきてくれて
ありがとう
と伝える

わたしのことばは
いつもまあ同じようなことで
だからむすめには
ちっともぴんとこないのじゃないかとおもうのだけど
いつか
わたしがいなくなったときにふと
思い出して
すこしでもそれが
なにか、心をささえたり
あたためるものだといいなとおもう
ほんのすこしでも

おもうというか願う
ねがうというか祈る

それよりもっと
おもうのは
ねがうのは
いのることは

きみが
きみらしく
いちばんにのぞむことを
えらんで
そして
なにからもほんとうのいみで
自由
であってほしい
ということ

いつでも
どこでも
これからさき
もっともっと

このせかいにたったひとり
一度きりの
この人生なのだから

おもいきり
やったらんと
もったいないがな

びくびくも
きょろきょろも
おそれも
不安も
ためらいも
おさえることも
なんにも
必要ないんだよ

あふれるまんまに
そこにそう
すなおにそのままあればいい

その自由を
誰しもがきっと
もっている


そうそれは
わたし
もおなじなんだ

さあ、
お誕生日
おめでとう


あいしているから
おもいきり
生きなさい




21:33 |  trackback: -- | comment: -- | edit

立春 

未分類 |

DSCF4126.jpg


てのなかには

なんにもいらない


いまここ

だけが

あざやかに

ある




13:10 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Jan. 

うたう、 |


DSCF4226.jpg




むすめ
3年ぶりにインフルエンザとなる

彼女は彼女の意思で
病院にもゆかず
薬にもたよらず
ひたすら眠って熱を出し切って治す
という
野生動物のような治療をする。

彼女曰く
具合のわるいときに病院へいくだけでも
余計に消耗するうえ
三年前、処方された薬を飲んで悪化して
相当苦しかったという記憶があるらしい。

わたしは
物覚えがわるいので
わすれてしまった。

あれそうだったっけ
それならいかなくていいね

たらいの水に
なんとなく選んだ数種のハーブのオイルをたらして
絞ったタオルを額にあてたり

なによりてのひらがきもちいい
というので
てのひらをあてたり

自然療法の本をひらいて
蕪の葉っぱや小松菜を
ひたいにあててみたりする

白湯や
ことに大根のハチミツ漬けのシロップを
喜ぶ

寝床に、盆にのせたおかゆやなんかを運んで
食べさせてもらうのが新鮮だ、
といって
なんどもリクエストされる
おいおい
そろそろ自力でたべておくれよといいつつ
こちらもわりと面白くもあるので
こたえてみる

こういうとき
汁物にはれんげがいたく重宝する

ふつかほど高熱で寝込んですえ
おちついた
学校はもうすこし休んでおく。


さて
1月もあっというまの
まんなか

このとしのありがたき、うたいはじめ
a story of Jan.
のおしらせです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

2017.1.30 (mon)
a story of Jan.
小さなものがたりとうたの会

「わたしのおいわいのとき」
バード・ベイラ― / 文  ピーター・パーナル / 絵
田嶋さき子 / 訳

am 10:00 ~
at cibo (葉山・上山口)  →  

place charge 1,000en (お茶とお菓子つき) + donation




になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。


一月の物語は
「わたしのおいわいのとき」

アメリカ南西部、砂漠地帯で育った
バード・ベイラーの詩と
独創的な挿絵を描くピーター・パーナル。

「すべてのひとに石がひつよう」
をうんだふたりによる
しずけさのある
はじまりとおいわいにふさわしい
美しい絵本

つい先日とある場所でふと手にしたばかりの
この一冊を
共有してみたいとおもいます。

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
cibo の主 みとなさんお手製の
美味しいお菓子とお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お菓子のご用意がありますので
  可能な限り事前にご予約をいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の雪は
まっしろで
やっぱり
こころがおどる

海にふる雪をみようと
歩きだしたけれど
途中でやんでしまった
けれど
ふしぎな
夕焼けがみられた


旧暦新年あけたての
清々しい空気のなか
のばして
ゆるめて
息をして
お待ちしております





15:28 |  trackback: -- | comment: -- | edit

睦月 

未分類 |

DSCF4129.jpg

かくさないこと
とどめないこと

おさえないこと
きにしないこと

朗らかであること
ひらいていること

いま いま 
に いること




15:37 |  trackback: -- | comment: -- | edit

七草 

未分類 |

DSCF4137.jpg


朝起きて
顔をあらって
身支度をして
亡き祖父母にお茶を淹れて
その湯気をながめ
神棚の水をかえて
手をあわせ
しずかに
ひかりのはしらをたてる

米をといで
土鍋にたっぷりの水とひとつまみの塩
これを
弱火にかける

それから
家の近くの
小さな森を抜けて
丘に出て
海と土に、挨拶をして
この年の七草を摘む

はこべ
せり
ほとけのざ (たぶん)
なずながみつからないので、今年もよもぎ
霜のついたきれいな葉っぱは、ごぎょうのかわり

しんとした空気のむこうに
猫がはねている

かえったら
玄関と神棚の
正月飾りをさげる
輪飾りからごろん、と
橙がとれてころがる

すずしろ
は家にある大根
すずな
はあるとおもったらなかったかぶ

だから今年は6種類
これを七草とする

これをさっと茹でると
青々

時々
くつくつ煮える鍋の粥をまぜてすこし
水を足す

朝寝坊の
娘を起こして
七草を刻んでもらう
無言で刻むのでつっつくと
せり
なずな
ごぎょう
はこべら
ほとけのざ
すずな
すずしろ

唄いだす

白くゆげをはく粥に
刻んだ七草をのせてたべる

ごくごくシンプルな
この粥を
しみじみといただく
このいちねんもすこやかに
あれますように


一月七日
七草粥

パック入りの七草を買うことをやめて
三、四年目

名残惜しくも正月飾りをさげる朝
わたしのすきな行事である


21:19 |  trackback: -- | comment: -- | edit

2017 

未分類 |

DSCF4223.jpg



しんねん
あけまして
おめでとうございます

あたらしく
初々しき
としのはじめである

大晦日の夕暮れ
父と
おせちを彩る植物を採取しながら
この年最後の夕日が沈んでいくのをみた

元日の朝
母と
寝間着のまんま外にでて
この年はじめの太陽が昇り来るのを
ふるえながらみた

正月三日
ひかる海とたいよう
夕日をみた
久しぶりの海があんまりきれいで
涙がでた

いま
この町に暮らしていること
いまを
しあわせにおもう

ありがとう

さて
今年の抱負、なるものがふと
たちあがる

(昨年は 野性 であった)


すべてのものを
あいとしてうけとり
あいとしてかえす


これは昨年の秋に長野を旅しているときに
聴いた言葉から
ふと、転じて
わたしのなかにうまれてきたこたえである

これはむろん
理想であるけれど
そう
理想を
イメージして
いきて
いこうじゃないかと
おもうのだ

たとえば賢者や
仙人、グルのように
すべてのことやものを
瞬間で愛としてとらえることはまだまだ
叶わずとも
ひと呼吸もふた呼吸もときに
もっとたくさんの呼吸をおいてでも
なにか
たとえば
つらい言葉や
かなしいこと
目を覆いたくなるような出来事
傷つくようなことがらさえも
そう
これは
おおきく、おおきくみれば
ちゃんと
愛としてここに
存在しているのだ
または
愛としてとらえることができるのだ
だって
すべては
よりよいように
計らってくれているその方向の
線上にわたしは
すべては
いるのだから

ということに
気づくことが
できるように

そのさなかに
ひとかけら
ひとさしの
ひかり
愛を
みつけることが
できるように

感じられるように

そうしてわたしも
愛として
この世界に
かえすことが
できるように

それが
わたしの
このとし
もしかしたら
これからさきの
抱負

である

さて
のびのびと
ここに
息をして

おおきなものに
もう
おまかせをして

惜しみなく
フルスロットルで
まいります
まいりましょう

2017年もどうぞ
よろしくお願いいたします

すこやかな
ふるえるような
おだやかな
日々
この一瞬 一瞬と、なるように


Act selfless , you will be infinite.












17:18 |  trackback: -- | comment: -- | edit