FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

nue atem 

うたう、 |

live04mini.jpg


拝啓

想像以上のできごとや変化
をはこんできた
2018年も、のこすところさいごの月

この年のしめくくり
うたい〆となります。
今年の夏至、大阪・410さんにておこなったライブと
対となるような、冬至のころ
わたしたちの拠点であるこの町
himmel にて
sidhe さんとのコラボレーションイベント。

お席がすでにのこりわずかとなっております。
よろしければ
お早めに、ご予約をいただけますとさいわいです。

なにがどうなるのか
わからないけれど
なにかのおわりとはじまりの結晶であり、
それはきっと
あたらしい呼吸となる

そんな予感がいたします。

(以下、sidhe さんよりご案内文)
・・・・・・・・・

2018.12.23(sun)

【 Kinoyouna-satomi × Sidhe  Collaboration Live “Neu Atem” 】


冬の冷たい時期に、地球の魂は目覚める
ほんとうの太陽が、内面存在のなかで精神的に輝く
冬の神聖な夜は、地球の昼
シュタイナー

冬至、1年でもっとも闇が深く、そして、わたしたちのうちにある光、が強く輝く季節

半年前の夏至のころに、導かれるように大阪410さんで、
kinoyouna-satomiさんとともに、コラボレーションライブを開催しました。言葉では形容できないような、異質な空間と次元が立ち現れるのを感じました。

この冬至に、再びsatomiさんとともに、
“生と死、命の循環”、
という壮大なテーマをイメージして、音と映像と言葉による、イニシエーションのようなライブを開催します。


タイトルの“Neu Atem(ノイアーテム)”は、ドイツ語で“新しい呼吸”という意味をもちます。
静寂に満ちたこの季節に、それぞれの新しい光と響きを共振させる時間をご一緒しましょう。

ライブ後は、奈良から「いとみち」さんが来られ、
おむすびとスープを用意してくださいます。彼女が、結ぶ命にも、楽しみにしていてください。


Sidhe (Shimada Ryohei) / film image、Sound
1977 年 東京生まれ 。葉山在住 。
これまで抽象的で詩的な映像作品を多数発表し、
日本、オランダ、オーストリア、スイス、イタリアなど国内外での映画祭で上映。
http://www.sidhehealing.com/event/

Kinoyouna-satomi
言葉と、言葉にならないもの。みえるような、みえないような事々を、
空気、空間の中へ声、音として生す。天と地を結ぶ 今此処 からなる即興を軸としながら詩、
物語の朗読、祝詞を交えたライブ活動をおこなう。森や海、すべての生き物たちと共存する生き方を模索する 一児の母
https://www.kinoyouna.com/

いとみち
奈良にアトリエを構え、丸いおむすびを結んでいます。
また、植物・お野菜の美しさに魅せられ、近くの畑でお野菜や果樹を育てる生活。
自然の与えてくれる、大切な清く尊い命をおむすびに込めて。
http://itomichi-nara.com/


日時:2018年12月23日(日)16:30~19:00頃
※終了時間は、前後いたします

料金:4,000円(ハーブティーと、いとみちさんの軽食つき)

定員:15名

ご予約方法: お名前、ご連絡先、参加人数 を明記の上、
info@sidhehealing.com までメールをお送りください。

・・・・・・・・・・・・

これも
ほんとうに
いちどきり

この場に在れること
共有できることに
感謝して

こころより
お待ちしております



00:15 |  trackback: -- | comment: -- | edit

北麓草水 

未分類 |


PA280869mini.jpg

先日
かねてよりご縁のあった写真家
高橋京子さんから
お声がけいただき、
わたしの暮らし、日々の習慣について
取材をしていただきました。

とても丁寧に
話を聴き、時間をご一緒して撮影し、
その後も細やかに向き合ってくださり
言葉にしにくい、でもわたしの大切にしている事柄たちを
ほんとうに丁寧に、大事に、ひとつひとつ言葉とし、
文章にしてまとめてくださいました。

もう、感激と感謝でいっぱい。。
こちらより
ぜひご一読いただけたらとてもうれしいです。

北麓草水・みんなの習慣
http://www.hokurokusousui.com/style/vol72/


京子さんとは
娘の小さなころにお仕事をご一緒して以来、
私の職や住む町が変わっていっても
ふとしたときに
ふとしたところで
ちょん、ちょん、とお会いする機会があって
不思議な御縁だなとおもっていた。

このたび
久しぶりにまたお会いして
じっくりお話をさせていただいて
また、その後のやりとりのなかで
ああ
やっぱり
とぎれずにこうしてご縁があり続けるような
なにかが
ここにはあるのだと
それを
とてもありがたく、しあわせなことだと
ふかくおもう。

お仕事に対して
目の前のことやひと、
日々生きることそのものへの姿勢として
丁寧に、真摯に向かう姿を拝見して
しみじみ
ほんとうに素敵な方です。

ああ
せかいはやっぱり
こんなふうに
おもしろく
ゆたかに
やさしく
あるのだなと。

ああ
やっぱりだいじょうぶで
ああ
やっぱり
世界は
いきてるって
すてきなことだなと
おもうのだ。

ありがとう
ありがとう
ありがとうございました。

ふかく
ふかく
感謝をこめて



20:01 |  trackback: -- | comment: -- | edit

ライン 

未分類 |

PA100843mini.jpg


いまの
瞬間
瞬間を
しあわせだと
いってのけること

こころの
腹の底から
そうおもって
はばからないこと

このさきも
おなじ

だいじょうぶ
そのひかりを
しっていること
かくしんしていること


父上
お誕生日
おめでとう

20:02 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Nov. 

うたう、 |

P9230805mini.jpg

土用もあけて
立冬

どういうわけか
町のいたるところに春がいる
桜がちょぽちょぽ咲いて
狂い咲きかねえなんて眺めていたら、
あれ
一本の木に限ったことでない

木蓮の紫、
雪柳の白
山吹の黄色
桃色の梅まで咲いている。

そういえば蓬も新芽をだしていた。

台風の風と塩害で葉っぱが一掃され
吹き飛ばされて
そのあとぐっと冷えて
またあたたかくなったので
春だと勘違いしたのかしら
ともおもうけどこれは、
この町に限ったことなのかしら

こんなにあちこちに
あらゆる花が春めいていると
不思議な気持ちがする。

次の春は迎えられないから
いま
みせてくれているのか

なんてことをふと
おもったりもするのだけど、
大げさな、とか
いやあなたは長生きしそうですよ、
とか言われそうなので
あれだ。

でも、
ひとはひとしく
いつそのおしまいがやってくるとは限らない
ということは
ほんとうのことであるとおもう

だから
今日の夕日を最期かもしれないと思って
大事に眺め、
目が覚めてみえる景色をうつくしいと
しみじみ噛み締め、
いちにち
いちにちに
こころをこめていることだとおもう。

そうしたらきっと
後悔なんてあまりないだろう
そのようにおもって
生きている。


さて
十一月
小さなものがたりとうたの会の
お知らせです。

・・・・・・・・・・・

2018.11.28 (wed)
a story of Nov.
ちいさなものがたりとうたのかい

Rudolf Steiner
「ルドルフ・シュタイナーの言葉」

am 10:00 ~ 13:00頃
at cibo (葉山・上山口)  → 
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food / フーヤン (ハタナカイクヨ) → 
dessert and drink / 西來みとな(cibo)

(*満席となりました。ありがとうございます。)


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。

11月のものがたりは
「ルドルフ・シュタイナー」
このひとの残した、いくつもの言葉

娘と生きること、その成長をきっかけに
教育の一片をとおして出会うことになった
R.シュタイナー。

その折々で耳にし、ふれる言葉たちは
いくつも
いくつも
わたしのなかをふるわせて
大事なことを確認する。

いつのまにかこの、うたの会のはじまりとむすびにはいつも、
シュタイナーのことばを
口にしている。

あれ、でも実はここで初めての題材となる
彼の残したことばたちを
この輪で、共有してみたいとおもう。

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
「フーヤン」こと
料理人・ハタナカイクヨさんによる
この日のためのとくべつなおひるごはんと
cibo の主 みとなさん手製・季節のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を11月24日(土)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・・・

十二月は
この会をおやすみといたしますので
こたびが年内、ここでは最後の輪となる予定です。

前回ciboさんの帰り道、
明らかに誰も採らなそうにしている柿の木をみつけて
その持ち主らしき職場の方にお話して
(驚いて怪訝な顔をしていらっしゃったけれど)
柿をいくつももいで、いただいた。

まだすこし青いので数日おひさまにあてて
夕焼け色になってから、
皮を剥いてぶらさげて、干し柿にした。

今年はこの町で育った柿で干し柿をつくりたいと
おもっていたので
とてもうれしい。

おいしく出来ますように

冬へとまいります
吐く息しろく、
すこやかに

こころより
お待ちしております。






22:57 |  trackback: -- | comment: -- | edit

ようかいようせいてんIIII 

うたう、 |

PA100846mini.jpg


カレンダーをめくる
もう
11月だ
という

11月11日
昨年もおなじ日だったのだけれど
ことしもまた
この
いち、が立ち並ぶこの日に
ようかいようせいてん
まっただ中の
KURAKURA storehouse
さんにて、
ようかいやようせいとともに
うたわせていたきます
こえ、のせます

日が近づいてまいりましたので
そんなおしらせを
ここに
ふたたび。

いかに
この場所が
ここのおふたりが
すばらしくて
わたしがそれをどんなにか
支えにして
お慕い申し上げているのか
ということはここに
以前、何度もかいた。
→ 
→ 
→ 
→ 

おふたりとはいつも、
「いま
やりたいことを
やりきって
生きていきましょう」

いうことを
確認させてもらっているので

そういうふうで
あるように
この日を迎えたいとおもう

嘘っこなしに
中途半端でなく
まるだしで
ゆくのです

ここは
とても
ふしぎなばしょ

なにかのとおりみちであり
やおよろずのみちみちる
それらが
ともにあるような
ここでしかない
ところ
ここでしかない
じかん

とおりすぎていく
いっしゅん
いっしゅんの
ちからづよさ

ほんとう

いま
ここに
あって
ここにしか
ないのだ

だから

・・・・・・・・・・

2018.11.11 (sun)
ようかいようせいてん

​at KURAKURA storehouse (横須賀・秋谷)

Live : satomi yamada (kinoyouna)

2018.11.11
18:00〜

charge : donation

・お問い合わせ/ご予約
KURAKURA storehouse
046-856-0560
神奈川県横須賀市秋谷2-11-1
http://kurakurastore.jugem.jp/

・・・・・・・・・

ふたたびここに寄せていただけること
KURAKURA のおふたりと
ここにみちるたくさんの気配やものものたちに
深々と感謝して、

こころより
お待ち申し上げております


////////

ようかいようせいてん / 秋谷の秋展
at KURAKURA storehouse
2018.11.9〜12日, 15〜18日
12:00〜18:00

出展/ PataPri(シルクスクリーン)
    SHII (布) KIIIZ(服) 玉姉妹(植物)
    白倉祥充(木)  白倉えみ(陶磁)  


22:31 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a circle for feeling voice 

うたう、 |

P9240806mini.jpg


ことしは、
団子をこしらえたり
すすきを飾ったり
つきのうたをうたったりの
お月見がちゃんと
できなかったので、
先日の満月には
庭にでて
月を見上げて
葡萄の実をふた粒、たべた。

秋というのは
つきが
ほんとうに
まっすぐにひかる
とくにわたしは
あがりたての
まっきいろいやつをみると
足がとまって
しばらくうごけなくなる

これはどういうことか

しばらくたちすくむ

さて
立冬もこえた11月18日、
浦和に在ります
Älva home さんにてふたたび
うたの輪を囲ませていただくことになりました。

ここはほんとうに
うつくしく
やわらかい気の満ちるところで、
そこへいらっしゃる方々というのもまた
それぞれ
豊かな個性でいて
そして
やわらかい空気をふかふかに纏うような
人ばかりで、
そういう
大好きな
たいせつにおもう
場所にてうたえる
こえを出し合えるというのは
またほんとうに
幸せなことだとおもう。

そもそも
ここをいとなむご夫婦のおふたりが
やわらかいのだ。

先日、
おふたりからお手当ての施術をしていただいたらもう
それは
想像をこえていて、
雲のうえ
はたまたここは天国だろうかとおもうほどの
気持ちよさと安らぎの深さであった。
こういうことが
このせかいにはある。
ということを
わすれたくない


さて、
このたびのこの輪に
美味しいお昼餉を添えてくださるのは
なんと
植草奈緒さん
というなんともな
幸福。

そんなご縁を導いてくださったのは
またこのたびも
kayaさんという、この
うつくしい女性のおかげさまなのであります。
ほんとうにありがとう。

そしてとてもありがたいことに
満員御礼であります。
ありがとうございます。

こちらには
そのご報告とよろこび、
深い感謝を記します。

・・・・・・・

2018.11.18 (sun)
a circle for feeling voice,

​at Älva home ( 浦和)
https://www.instagram.com/explore/tags/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/top/
http://elva-no-ie.wixsite.com/elvahome

10:00-13:00

​Voice / satomi yamada (kinoyouna)
Food / 植草奈緒
herb / kaya

​fee 2500en + donation

・・・・・・・・・・

ことこと
電車にゆられて
愉しみにして、参ります

ひとつ
ひとつ
いちどきり

またあとで
とか
もういっかい

ないんだよね

いつでもできるとおもっていることは
案外
できないままに人生をおえたりする
てからこぼれていく
そういうのは
わたしは
いやだ

やりきっていかなくて
どうする
どうするんだよ
わたし

遠慮とか
いらないです








21:39 |  trackback: -- | comment: -- | edit

鎌倉 海のアカデミア/BOOKWORM 

うたう、 |

P9300823mini.jpg

急遽
のおしらせ

10月27日(土)
鎌倉・材木座でひらかれる
海のアカデミア
(昨年までは「海のカーニバル」でした)
http://rootculture.jp/academia

こちらに出演する
BOOK WORMのステージに
お声をかけていただきました。

わたしもなにかひとつ
こえをだして
朗読をします。

・・・・・・

鎌倉 海のアカデミア
2018. 10. 27 (sat)/ 28 (sun)
9:00〜17:00
at 光明寺 (鎌倉材木座6-17-19)

「BOOKWORM」
好きな言葉を持ちより、耳を傾ける
10. 27 (sat)
15:00〜16:00
at 光明寺本堂
出演: BOOK WORM
http://book-worm.info

・・・・・・・

27,28日と二日間のこちらのイベント。
内容も充実していて、
おとなにもこどもにも、魅力的至極。
フライヤーの絵は、
わたしも敬愛する、五十嵐大介さんです。

ぜーひー
どうぞ、おでかけください。
おまちしております!


13:54 |  trackback: -- | comment: -- | edit