fc2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

nalu

202303090952204d0.jpg


弥生
春旅 二ノ巻
むかうは 福井 越前町

だいこん舎さんは
二年前
ひら うつくしい衣の展示会の折に
呼んでいただいて以来
毎年、唄う機会を頂戴して
ありがたいことにこたびは
三度目の来訪

なんといっても
だいこん舎さんの御蕎麦が絶品で
これをいただけるだけでも
うれしいのに
そのうえ
ここで唄えることの
ほんとうにしあわせなことよ

福井、この地にあつまってくださる方々の
なんと
こころゆたかなこと
なんと
それうつくしいことを
くるたびにしみじみかみしめ
御蕎麦をすするのである

ここへご縁をむすんでくだすった
ひら
@hira_nui
弘子ちゃんには
深く 感謝しております

処は
福井 越前町
だいこん舎 併設
「洗心亭」
畳の間にて

むすびには
だいこん舎 十割蕎麦を召し上がっていただきます
なんども云いますが、唸りますほど絶品です。
そばがきの甘味も素晴らしい

この貴重な機会
ご一緒できますれば
さいわいです

…………

唄の環 旅ノ巻 /  だいこん舎 越前町

2023 4.12 (水)
於 : だいこん舎 「洗心亭」 
(福井県丹生郡越前町小曾原 120-3-20)

場開き :  10時45分
はじまり : 11時
料金 : 3,000円 + 御蕎麦ワンオーダー


ご予約 ・ お問い合わせ / satomikan_y@yahoo.co.jp



はるのなか わたし わたしたちのなか
を きく
はるのなか わたし わたしたちのなか
を ゆく


うつくしく 白き暖簾たなびく だいこん舎
十割蕎麦を打つ音
湯気のたつ

そのおとなりにあります
「洗心亭」
この静謐なる 日本家屋
畳の間にて

くるり 環となり 耳すます
内から 外から またちかく かなたから
聴こえくるもの
わたしのなか なり ひびくもの

後半は おひとりおひとりから成る
声をもちいたワークを共有いたします
いつの間にか身につけた
境界線 解けてゆくような

むすびにはシェアリング
そして
だいこん舎 手打ち十割蕎麦を
おもいおもいにすすり、味わう



環となり
境界線を解いて
耳をすます

技術、優越もなく
ただ声、母音を
ゆるやかに 響かせてゆく

そこに
自ずと立ち現れてくる
"わたし" は、
素であり自然

それは
すべてとひとつである

わたし、
いまここ、
その原初に還る。


身一つでおこなう
母音、倍音を用いる
"声のヨガ" のようなワークを含めた場です。

人前で声を出すのがためらわれる方
久しぶりに声を出したい方
声の可能性にご興味ある方
どなたでも安心しておこなえるよう
ゆるやかに誘導してゆく環、場となります。


202303171900385cb.jpg



…………

弥生のはじめ

いまをいきる
わたしたち

庭には一本の
護り神のごとき 木
そのむこう
芝はひろびろと
わたしたち
とりたち
むしたち
こどもたちを
むかえ
ねころび
空をながめることも
かなう

こころより
お待ちしております

16:08 |  trackback: -- | comment: -- | edit



2023031715462882e.jpg



弥生
十日ばかりの旅へ出ることとなる

道連れは、むろん
四歳になったけんこれくらいの塀は
自分でおりられるけんね
とのたまう むすこ

日に日にたのもしくなるゆえ
こたびもまた佳き旅となることであろう

さて
はじまりに向かいますは
長野、佐久
ひふみゆ
hifumiyu.com

このおふたりにはむすこ生まれる前から
たいへんお世話になり
どんなに救われ、あたたかく包み、育んでいただいたかしれない
昨年春の、森の中でのつどいもまた
やはらかく、いつもとは質の異なる、すばらしいものだった。

おふたりが佐久を離れる日も近いと聴いて
その前に
節目としてここを訪れておきたいなとおもう

お忙しいなかであるに
いいよ
といってくださり
こたびの訪問、叶います。

敬愛します
ひふみゆ
佐久で唄いますは
おそらく
最期の機会となります

ぴんとこられたかた
ぜひ
ご一緒できますれば
さいわいです

…………

はるのなか わたし わたしたちのなか 
唄の環 旅ノ巻 / ひふみゆ 佐久

2023 4.9 (日)

場開き 13:00
はじまり 13:30

於 : ひふみゆ
長野県佐久市協和960-7
(駐車場は別となりご予約の方にお知らせします)


料金 : 5,000円 (ひふみゆさん手製のお菓子、お茶代含む)
定員 : 8名

ご予約
hifumiyu39@gmail.com
ご参加の方全員のお名前をお知らせください
返信にてご予約完了となります




はるのなか わたし わたしたちのなか
を きく
はるのなか わたし わたしたちのなか
を みる
はるのなか わたし わたしたちのなか
を ゆく
はるのなか わたし わたしたちのなか
を すすむ

ひふみゆ  
おふたりの日々のいとなみ
それはやはらかく やさしく なかよく とても自然
その気配につつまれ みちる
いとおしいこの場所で
くるり 環となり 耳すます
内から 外から またちかく とおくから
聴こえくるもの 
わたしのなか 鳴り ひびくもの

後半は おひとりおひとりから成る
こえをもちいたワークを共有いたします
いつのまにか身につけた
境界線 の解けてゆくような

むすびには
ひふみゆ 和美さんお手製 
春の寿ぎのようなお菓子を
いただきながら
シェアリング

…………

環となり
境界線を解いて
耳をすます

技術、優越もなく
ただ声、母音を
ゆるやかに 響かせてゆく

そこに
自ずと立ち現れてくる
"わたし" は、
素であり自然

それは
すべてとひとつである

わたし、
いまここ、
その原初に還る。


身一つでおこなう
母音、倍音を用いる
"声のヨガ" のようなワークを含めた場です。

人前で声を出すのがためらわれる方
久しぶりに声を出したい方
声の可能性にご興味ある方
どなたでも安心しておこなえるよう
ゆるやかに誘導してゆく環、場となります。

2023031715463652b.jpg


…………

弥生のはじめ

今日を生きる
わたしたち

佐久には
どんな花が咲くかしら
どんな鳥が囀るかしら
道々
庭には
どんな虫が
草草が
顔をだしているかしら


こころより
お待ちしております。


20230317154644619.jpg
15:22 |  trackback: -- | comment: -- | edit

三月 唄の環 / 止心庵 

うたう、 |


202303090956435bb.jpg


固くちぢこまりし寒が解かれ
みるみる
春へとゆるみ
すすんでゆく

先日、あの梅をみにいこう
とむすこと出かけ
セリ、土筆、蓬、など摘みながら野道をゆくと
なんとその花はすでに
すっからかんにおしまいで枝ばかり
寒々しい姿であった

仕方がないので弁当はまた
こんぴらさんへ上ってたべる
路にはすみれ、れんげの花が咲き
そこからは春の海が見渡せる

今年の梅とは
はやもう会えぬのかと
うかうかと期をのがしてしまったこと
名残惜しくおもう


しかしながらまた先日
友人たちの愛飲するという
湧き水を汲みに山の奥へと出かけた

川に沿ってくねくねと細い山路をゆく
途中の河原でぽんかんをたべ
透明な川水を眺める

さていよいよこのあたり
という折、
そこには
あはく神が居り
みれば
梅の花が満開である
奥山ゆえに遅咲きであったか

まあ

風にひらひらと花弁が舞う
むすこは
ゆきだー
と叫んではしゃいでいる

風に乗って
降るように、こちらへ運ばれくる
その薄桃色に透けるはなびらを
浴びて立つ

奇跡のようにそれは
てのひらにのる

むすこ
その花びらを食べて
おいしいからたべてみよと
私につよくすすめる

なんどもいうのでひとひら口に入れると
ふわっと
梅の香りがした

なんといって
降るように散る花びら
それを浴びて立つほど
恍惚とすることはない

暫く
そこから動くことできず
春風はなんども
花びらをやはらかく舞い上げた

ああ

これで今年の梅と充分に
戯れることが叶う
そのしあわせを
かんしゃを
なんどもいって
山を下りた

湧き水はポイントがみつけられず
またもや汲むに至らなかったが
あの梅に会えたのだから
なんの悔いもない

またすぐくるからねー

むすこはひらひらと窓から手をふっていた

さて
さて
三月
春うらら

麗しき
弥生
止心庵
唄の環のおしらせです

....................

circle for a feeling voice
母音と倍音、声音の環

2023. 3. 23 (thu)
13:30 ~15:30 頃

fee : donation

於 止心庵

高知県四万十市口鴨川136
https://www.facebook.com/shishinanshimanto

・お問い合わせ、ご予約

止心庵
070-4413-7126
levelamica@gmail.com

いずれかに、お名前と人数をお知らせください。

………

環となり
境界線を解いて
耳をすます

技術、優越もなく
ただ声、母音を
ゆるやかに 響かせてゆく

そこに
自ずと立ち現れてくる
"わたし" は、
素であり自然

それは
すべてとひとつである

わたし、
いまここ、
その原初に還る。


身一つでおこなう
母音、倍音を用いる
"声のヨガ" のようなワークを含めた場です。

人前で声を出すのがためらわれる方
久しぶりに声を出したい方
声の可能性にご興味ある方
どなたでも安心しておこなえるよう
ゆるやかに誘導してゆく環、場となります。

むすびには、
止心庵特製、うつくしいおやつを頂きながらシェアリング。
(お茶菓子代は別途、donation となります)

...................

先日、
この会の打ち合わせを兼ねて
美佳さんと菜の花を観に行った

菜の花の
ひかりに呼応するような
ゆれる黄色にかこまれて
弁当をたべた

空には鳶が旋回する

止心庵の庭先に
うぐいすの声はするかしら

庭のレモングラス
ジェフ秘蔵っ子のうつくしい菊芋も
玄関先でまた買えるかも
しれません

木蓮
つわぶき
蕗の薹

爛漫
春分越えて春の庭
こころより
お待ちしております







13:57 |  trackback: -- | comment: -- | edit

二月 唄の環 / 止心庵 

うたう、 |

202212301715278f5.jpg


一月、
息子の軽い体調不良で
日程を間際に変更させていただき
一週遅れで開催となった。

ご予定していて下すった方々
申し訳ありませんでした。

そして
あらためた日でご参加くだすった方々
ありがとうございました。

こころよりお詫びと感謝、申し上げます。

二か月つづけて
予定変更したことになるのだけれど
そのたびに
やはらかく、おおらかにお付き合いくださる
止心庵のおふたりに
こころからの感謝〇

一月
新年のはじまりに
美佳さんはうつくしい着物姿で出迎えてくれた。
寒空の下、ジェフ氏は駐車場の誘導を。
囲炉裏には火が入り、
大鍋には、庭のレモングラスのお茶
それを木の柄杓でめいめい、器にいただいてから
環にくわわる。

なんて
素敵な
おもてなし

また
こたびも素晴らしい面々に囲まれた
嬉しい、しあわせなときでした
ことば、からだ、時空をこえてひびきあうもの
シェアリングから受け取りあう、ゆたかなお土産。

南瓜、抹茶小豆、贅沢な二種のケーキも
素晴らしく美味しかった〇
お客さま手土産の柑橘も!


さて
あれよあれよと節分をこえ
立春

そして二月となりました

とんとご案内遅くなってしまいましたが
如月、
止心庵
唄の環

二月はぞろ目、222の日にひらきます。
少し寒さもやわらいで
梅の蕾もほころんで
しかし
まだまだ如月
あたたかな格好で
お越しください

春の兆しを
ふくふくと
ご一緒できますれば
さいわいです

…………

circle for a feeling voice
母音と倍音、声音の環

2023. 2. 22 (wed)
13:30 ~15:30 頃

fee : donation

於 止心庵

高知県四万十市口鴨川136
https://www.facebook.com/shishinanshimanto

・お問い合わせ、ご予約

止心庵
070-4413-7126
levelamica@gmail.com

いずれかに、お名前と人数をお知らせください。

………

環となり
境界線を解いて
耳をすます

技術、優越もなく
ただ声、母音を
ゆるやかに 響かせてゆく

そこに
自ずと立ち現れてくる
"わたし" は、
素であり自然

それは
すべてとひとつである

わたし、
いまここ、
その原初に還る。


身一つでおこなう
母音、倍音を用いる
"声のヨガ" のようなワークを含めた場です。

人前で声を出すのがためらわれる方
久しぶりに声を出したい方
声の可能性にご興味ある方
どなたでも安心しておこなえるよう
ゆるやかに誘導してゆく環、場となります。

むすびには、
止心庵特製、うつくしいおやつを頂きながらシェアリング。
(お茶菓子代は別途、donation となります)

---------

なにがあっても
だいじょうぶ

そのかくしんを
からだのなかに
まあるく
やはらかく

そのひかり
まいあさの
おひさまよりいただく

わたしと
せかいは
おなじもの

こころより
お待ちしております


15:57 |  trackback: -- | comment: -- | edit

koya 唄の環 / 立春 

うたう、 |


202301121448558f2.jpg


七草粥の日
むすこと庭で五種の草を摘み
頂き物の大根と蕪
あわせて七草ということにして
さっと湯がいて
ごぎょうはこべらほとけのざすずなすずしろせりなずな
唄いながら刻み、
(蓬とかタンポポとか入ってるけど)
うつくしいひふみゆ米で炊いたお粥にのっけてたべた

ああ

ことしも
げんきにたのしくくらせますようにっていう
お祈りのごはん
というとむすこ
すごく嬉しそうな顔をする

さてこの日
香美市 koya に来ていた
月の海 cana ちゃんのところへ赴き
髪を切っていただいた

新年早々
実にすがすがしくしあわせなことだ
幸福感に充ち、さっぱりとする

わたしはもう、canaちゃん以外に切ってもらう選択肢はないかも
それくらいに
彼女のてのひらに髪を切っていただくというのは
「わたし」 を大事にすること
これにまっすぐ繋がる

陽当りよく
居心地の佳い
静謐なる koya の空間

傍らでむすこは
じじばばからのお年玉で、
ここへ来る路自ら購入した
分解できる車、うぃーんじゃー(パワーショベル)を、なにやら巧みにドライバーを使い
ばらばらにして、また組み立てていらっしゃる

そうしてその夜
だいすきなひとたちと囲むテーブルに並ぶ
いくよちゃんごはんの美味しいこと!
ああ、ああ、
好好食飯店!

むすこも名犬チャイとすっかり打ち解け
なかよしふたり

いくよちゃんのごはんは
むろん
数年前、葉山の当初からおいしいのとんがりにいらっしゃったが
そのとんがり
頂点が
会うたび、
そして高知へと暮らしが根付いてゆくごとに
ますます
ますます
どこまでものびのびて
美味しさが増してゆく

つちやねっこやくさぐさたち
はなやかぜやいきものたち
それらと
ゆたかに呼応する

それは
いろどりうつくしく
からだのなかで
ひかって
おどって
よろこびが
しみわたる

そんな
好好食飯店
うるわしの昼餉とともに

立春
あけたての満月
唄の環
かこませていただきます

なんともうれしくありがたきこと哉

koyaに於いては四季に一度
一期一会の場
ご一緒できますれば
さいわいです

…………

a circle for feeling voice
母音と倍音、声音の環

-好好食飯店のお昼餉付き-

2023.2.6 (mon 満月)
11:00~14:30

於 koya (高知県香美市日ノ御子)
*場所の詳細はご予約の際にお伝えします

fee : 4500en (お昼御飯代含む)

・お問い合わせ / ご予約
haohaosuuhanten0303@gmail.com



環となり
境界線を解いて
耳をすます

技術、優越もなく
ただ声、母音を
ゆるやかに 響かせてゆく

そこに
自ずと立ち現れてくる
"わたし" は、
素であり自然

それは
すべてとひとつである

わたし、
いまここ、
その原初に還る。


身一つでおこなう
母音、倍音を用いる
"声のヨガ" のようなワークを含めた場です。

人前で声を出すのがためらわれる方
久しぶりに声を出したい方
声の可能性にご興味のある方
どなたでも安心しておこなえるよう
ゆるやかに誘導してゆく環となります。

ワーク後には 「好好食飯店」 はたなかいくよさんによる
心身の歓ぶ特製お昼ごはんを、のんびりお山を眺めながら
いただきまして、シェアリング。

……

立春
日のひかり満つ
山のこや

心よりお待ちしております


20230112144843734.jpg






15:55 |  trackback: -- | comment: -- | edit

一月、唄の環 止心庵  

うたう、 |

202212301716520f4.jpg


二〇二三
はじまり

あけましておめでとうございます

わくわくする方向にしかゆかない
そんな予感に充ち満ちる
年のはじめ

それは
このせかい
どのひとにとっても。

くりかえす
より佳きほうにしかゆかない
と知っている

どんな路をとおっても
路すがらどんなことが起ころうとも
わたしたちはあまねく
よりよきほうへ
むかっている
だから
あんしんして
いま
天と地、水平にひろがる
いちばんおおきなゆめをえがく


さて
としのはじめの太陽が
はじめまして
の瞬間に
ことしはなんとか布団から出ることができた

これは
砂浜で初日の出をみよう
と誘ってくれた
止心庵、みかさんジェフ氏、おふたりのおかげである

まだ暗いうち
目覚ましは鳴って目は覚めたのだが
あまりに布団の外は寒く
まして外へなんてでたらどれだけ寒かろうと
想像するに
では一体親子ともどもどれだけの服を着こんで防寒すればいいのだろうと
考えるとそれは途方もないことにおもえ
むすこ揺り起して尋ねてみるに
いかない
と即答す

やや
確かに彼は昨日熱が下がったばかり
無理はいけない
なんて
思ううちに窓の外が明るくなってくる

確認するに時刻も日の出まで
もうそろそろである

えいや
と起きて
二階と一階のストーブをつける

窓の外にはいまにも顔を出しそうな
うみそらくうき
おどろくような
美しい気配

白湯を沸かし、
上着を羽織って二階にあがる
息子も起きだし
「おっきいりんごたべたーい」
と叫んでいる
何故

真っ赤な林檎、上着を着せたむすこを抱いて
二階へあがる
まあこれを
観ずしてこのせかいを通りすぎられようか
(昨年はさくっと通り過ぎたのだが)
ああ

ベランダ
白湯からのぼる湯気
吐く息しろく
また海からも淡く湯気立ちゆらめく
そこへ
この世へ射し込むひかり
まるくあかくやはらかく
みるみるとその景色は変わってゆく
ああ

しゃくしゃくと林檎
齧りつく音
わたしも横から齧りつくと、これ旨い
まるごと朱く瑞々しい果実
なんと日の出にぴったりのたべものだろう
暫し
ひろがってゆくかがやきのなかに包まれ
はじまった

ありがとう
ありがとう
だいすき
よろしくね

来年こそは
浜までおりる


さて
新年さいしょの唄の環
止心庵は
ひふみの日
一月二三日にひらきます

(日取りを決め、「ひふみの日」と気がついてくれたのは、親愛なるみかさん)

真新しい空気のなか
畳の間
初々しいこの環、こえのなみ
本年も
ご一緒できますれば
さいわいです。

------------

circle for a feeling voice
母音と倍音、声音の環

2023. 1. 23 (mon)
13:30 ~15:30 頃

fee : donation

於 止心庵 (高知県四万十市)

高知県四万十市口鴨川136
https://www.facebook.com/shishinanshimanto

・お問い合わせ、ご予約

止心庵
070-4413-7126
levelamica@gmail.com

いずれかに、お名前と人数をお知らせください。

………

環となり
境界線を解いて
耳をすます

技術、優越もなく
ただ声、母音を
ゆるやかに 響かせてゆく

そこに
自ずと立ち現れてくる
"わたし" は、
素であり自然

それは
すべてとひとつである

わたし、
いまここ、
その原初に還る。


身一つでおこなう
母音、倍音を用いる
"声のヨガ" のようなワークを含めた場です。

人前で声を出すのがためらわれる方
久しぶりに声を出したい方
声の可能性にご興味ある方
どなたでも安心しておこなえるよう
ゆるやかに誘導してゆく環、場となります。

むすびには、
止心庵特製、うつくしいおやつを頂きながらシェアリング。
(お茶菓子代は別途、donation となります)

---------

わらったり
なみだぐんだりす
にんげんであることの
よろこび
うつくしさ

こえが
おのおのから
わきいでて
まじりあう
すがた

この一寸が
むげんにもひろがる

初春
止心庵
床の間の掛け軸
庭、野山より活けられし花
凛とおとのするような

こころより
お待ちしております。




21:08 |  trackback: -- | comment: -- | edit

1224 Earth cafe senryu  

うたう、 |

20221129112259de2.jpg


この頃
妙に気に入ったようで
やたらと通うところがある

先月、母が来た時にも
続いて、大好きな友人が訪ねてきてくれた折も
伊勢海老汁の振る舞いにつられて週末も
我が身のご褒美にと平日も
気がつけば、毎週のように出かけている

そういえば我が家で飲用する湧き水もここ
土佐清水で汲む
まっすぐで清らかな水

そうするうちになんと
クリスマスイブに
この地で唄う機会をいただいた

竜串海岸
碧く透明な水、海との境目に表出した
不可思議でうつくしい地層、地形のなかを
散策する

海際をぐるりとまわって
ぽんと陸へあがると
レストハウス 千竜がある

あら
気がつけば竜だらけ
不思議なご縁の繋がり
その曲線

Earth cafe SENRYU Christmas Party
魅力的な人柄、やはらか、ゆたかな環のなかへ
ご一緒させていただきます。

美味しいもの
うつくしいもの
好奇心をくすぐるもの
ひと、空間、歓びに会いに
いらしてください。

お知らせ、間際となってしまいましたが
心よりお待ちしております。

(わたくしは午後、頃合い佳きタイミングで唄う予定です)

………

Earth cafe senryu
Christmas Party

2022.12.24 (sat)
open 10:00 ~ close 15:00

レストハウス千竜 (土佐清水市竜串28-8)

〇 live
・Coyote
​・nalu

〇 shop
・natural life noon
・染め編みやhamuko
・vegan sweets orchestra
・TAKAOKA MUFFIN
・The Captain William H. Whitfield English Cafe
・樹々
・月と太陽のしずく
​・まさみそ工房

………

友人のやよいちゃん、
vegan sweets orchestra
彼女の、優しく美味しいお菓子を食べられるのは
名残惜しくもこれが、最期の機会だとか。

​止心庵のジェフ、
The Captain William H. Whitfield English Cafe
季節のパイ、飲み物を片手にお喋り
イングリッシュカフェ

初々しいいのちを宿したまさみちゃん、
まさみそ工房の絶品メキシカン料理

どれもこれも
おすすめ〇


ライブ
というこの貴重な機会
なにをどんなふうにしようかしら

​わたくしも
こころおどらせ
愉しみにしてまいります。

いよいよ
年の瀬
吐く息しろい
冬の一日
このいとおしい2022年のしめくくりに
ご一緒できましたなら
さいわいです。