FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

1225 

うたう、 |


1225image06ミニ


12がつ
もうこのいちねんもおしまいとなる
のうみつな
めくるめく日々だった

このとしのくりすます
たいせつな
聖夜のひととき
こんなしあわせな場と機会を
いただきました

himmel のおとと、そんざい 
そして
山下りかさんのライヤーの静謐なひびきとこえ
そっとそこへ
わたしもまじらせていただきます。

・・・・・・・・

ampelopsis 音楽会
うたとライアー
“たったひとつのこと”


わたしたちの
うちにある
光の広がりを感じていく
特別な日

響き、静けさ、物語
美しい時間をともに
過ごしましょう


山下りか:うたとライアー
Kinoyouna / satomi yamada:うたと朗読
Sidhe:ギター



日時:2019年12月25日(水) 
14:00~15:30 (開場・受付は、13:30からになります)

場所:鎌倉山集会所
京急バス 鎌倉山行き 「若松」バス停下車 徒歩1分
鎌倉市鎌倉山1-15-13

料金:4,000円 (ハーブティー、shimaさんのお菓子と、小さなおみやげつき )

小学生:1,000円 (お茶、お菓子つきと、小さなおみやげつき)

☆未就学のお子さまも同伴可能ですが、
ライアーや歌の響き、 静けさも感じていただきたいと思っています。
お子さまが、泣いたりしてしまった場合などは、
他のお客様へのご配慮をお願いいたします。ご理解のほど、 よろしくお願いいたします。


ご予約方法:
お名前、ご連絡先、人数を明記の上、
himmelschule@gmail.com までご連絡ください .

・・・・・・・・

himmelの一家はわたしにとって
なにか特別な、不思議なご縁で
この方たちの
やはらかくおだやかな
くうき、話しごえ、えらぶもの、たたずまいや物腰に
ほっとする
すくわれる
無防備に
わたしがわたしでいられる
うつくしいひとたち。

わたしのなかのあたらしいひかりが
ともるように
それぞれの
あたらしいはじまりとなるような
くりすますのごご

こころより
おまちしております。

23:35 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Dec. 

うたう、 |

PA302613mini.jpg


むすめとはなしていると、
ああ
むすめのほうがわたしの
ごひゃくまんばいもかしこいし
ずうっとさきをあるいている

とおもって
そういうと
がんばれ

むすめはいう

がんばる

こわがって
おじけづいていても
せんないことなので
あるく
ばかなりにあるく

ことしもあっというまにさいごのつき
12がつ
ちいさなものがたりとうたのかい
おしらせです。

・・・・・・

2019.12.9 (mon)
a story of Dec.
ちいさなものがたりとうたのかい

norito / 祝詞
みなかのはらいのことば ・ ひふみ

open /am 10:30
start /am 10:40 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food /  濱口ちな
dessert , drink / 西來みとな(cibo)

*場の準備のため、door open は10:30からとさせていただきます。


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみ
こころ
からだをほどいて
ひらく。

12月のものがたりは
ふるいにほんのことだま
みなかのはらいのことば

ひふみ祝詞

これでこのとしをしめくくりたいとおもいます。
2011年から
雨の日も風の日もはれのひも
なるたけ毎日
(いえないこともあったけど)
くちにしておとにしつづけている
たいせつなことば
このふたつをていねいにおとにしたいとおもう。
きょうゆうしたいとおもう

いくつかのおとやうた
ことばのあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

このたび
フーヤンごはんはスケジュールの都合により一旦おやすみ。
濱口ちなさんによる
この日のための特別なベジごはんと
cibo の主 みとなさん手製のこころおどる季節のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

濱口ちなさんはむすめのがっこうで知り合った
うら若きお料理のひと。
学生の時分からすでにあちこちのイベントや
ケータリング、出張カフェで活躍していた彼女のごはんを
たべるとき、
深いところからのしあわせとまんぞくにおどろく。
やはらかくゆるむ。つつまれる。
ちいさなころからベジタリアンだという生粋ちなのベジごはん、
この機会に体験してもらえたらとねがう。

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を12月5日(木)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・

告知が間際となってしまいました。
、、、。
ご予約が必要人数(5名)に満たない場合は、
恐縮ながらごはんなしの開催となりますこと、
どうぞご了承下さい。
その際は事前にご連絡をいたします。

つめたいあめがふって
ストーブをつける
ふゆだ
ふゆだ
ふゆのなかだ

こころより
おまちしております。



PA292581mini.jpg






14:07 |  trackback: -- | comment: -- | edit

1117 

うたう、 |

PA092491mini.jpg


きおく、そこからつながること
とい、そこからうまれるこたえやまたあたらしいといかけ
やみ、とおもえばひかり
ひかり、とおもえばやみ
うすやみにてをさしのべるようなこと
そのぜんたいをいとおしむこと
なにもかもをくるみこんでなにもかもいっさいがっさい
ある
いま、ということ

いのち
はどこまでがいのちで
あのとき
わたしは
なにをえらび、なにをしようときめたのか
どんなふうにおもい
どんなふうにこのせかいをみ、
どんなことに、どんなふうにわらい
どんなことに、どんなふうになき、
わたしはどういうものだったのか
それは
わたしと
せかいと
その境界線はどんなふうにあったのか
もういちど
ありありとこのむね、からだ、この血肉へ
だきしめなおしたいい
つかみなおしたい

そんなわたしへとかえりたい
どおか、かえってきておくれ
ここへ、かえって
わらってみせておくれ
だきしめさせておくれ

・・・・・

かく
ということは
わたしにとって

うたう
よりももっともっと以前から
息をしてこのせかいにとどまるにひつようなことで
めにはみえるけれども
めにはみえない
相棒のようなものだった

だから
かく

誰かがいつか書いたものでなく
わたしが
わたしのからだをとおしてかいたもの
なにがかかせているのかはわからない
はんぶんくらいはわたしで
もしかしたらそれいじょうはもっとべつのもの
わたしとつながった
もっとおおきなもの
なにかのそーす

KURAKURAのえみさんが
里美さんのかいたものを読んでほしいです

奇特なことをいってくださるので
実はとてもよろこんで
1117のこの場でも
読ませてもらおうとおもう

これは
いつも
ほんとうのこと

うそもまねっこもない
ただそのままのこと

おつきあいくだされば
このうえなく
うれしくおもいます

こうふくとは
こういうものかもしれません
かしこまって
まじめくさって
かたいかおをしたいのではありません
いいこでいたいのではありません
ただ
だれもかれも
なにもかもをほどいて

にかえりたいのです

そんな場となることを




12:12 |  trackback: -- | comment: -- | edit

KURAKURA 2019.11 

うたう、 |

P9282442もmini

いつ
どこで
なにがあるかわからないから

いま
いまを
やりきって
いきて
いきましょう

これがわたしたちの
あいことば

これが
わたしのあんしんし、あいする
KURAKURA ・白倉さんご夫婦との
やくそくのような
こと

そうおもっている。

KURAKURA storehouse

ならびおどりちんざましいきをする
ものものたちは
白倉祥充さん、えみさんそれぞれの
てやあしやからだやたましいやそのもっとおくのほうから
またどこかへつながったそのむこうから
このせかいに
かたちなされたものものたちで
それは
それを
ながめていれば
ひとの奥底のしずかなところから
きれいなさざなみがきこえてくる

そのなみがこのせかいに
しずかにふるえ、ひろがっていくのを
みる
それはとても
たしかなことで
それはなみだのでてしまうような
やさしいことだ
つつましく
やはらかなことだ
うれしいことだ
しあわせなことだ

ことなんだ。

そういうばで
うたわせてもらえること
そのきせきみたいなことを
ひとつ
ひとつ
こうふくに
かんしゃする
かんしゃします。

11月17日にちようび
いちどきりの場
ごいっしょできますれば
さいわいです。

・・・・・・

2019.11.17 (sun)
「うたと朗読」
satomi yamada (kinoyouna)

at KURAKURA storehouse (横須賀・秋谷)
15:00 〜16:00
fee: donation

こえ、ふるえ、ひびき。うた、うたのようなもの。
ことば、ことばでないもの。それらの、いま、なせること。


*ご予約、お問い合わせは KURAKURA storehouse さんまでお願いいたします。
tel: 046-856-0560
email: kurakura_storehouse@ybb.ne.jp

----------------

つくりたいもの
すきなもの

/秋谷の秋展
KURAKURA storehouse

2019.11.8 (fri)〜11(mon), 14 (thu)〜17(sun)
12:00〜18:00

KURAKURA / 白倉祥充、えみさんのつくる布と木と土のもの
PataPri / スクリーンプリントのかわいい干支タオル、手ぬぐいなど

*木古庭ノ農芸社のお弁当
11.10(sun) 1,000円 ご予約制
季節の野菜を中心に丁寧につくられたお昼ごはん。

KURAKURA storehouse
〒240−0105
神奈川県横須賀市秋谷2−11−1
JR逗子駅より京急バス2番のりば
逗4,5,6,7,8,71,72
「秋谷」バス停下車すぐ、「秋谷」信号角下の古い家
tel:046-856-0560
email: kurakura_storehouse@ybb.ne.jp
http://kurakurastorehouse.jugem.jp/

---------------

おわりは16時ころ
すぐそば、
ざざんざざん、秋谷の海からの夕焼け夕日が
ううんときれいです。

おめにかかれること
愉しみに
こころより
おまちしております。

22:08 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Sep. 

うたう、 |

P8122098mini.jpg



この夏も
あついあつい
あああつい
どうやって生きたらいいかわかんない
といいながらなめくじみたいにのたくっているうちに
あっという間
あっという間に
朝晩には涼しい風がふいて
窓をしめなけりゃ寒いくらいで
あれれ
今年もまた
秋がまじりこんできたなと
さみしくおもう

夏のあいだにやりたかったこと
大正屋のかきごおりも食べていないし
あれもこれも
やりきって
つぎの季節にゆかなけりゃあ

かたわらをみれば
息子はおしりをふりふり
はいはいの準備にいそしんでいる

あともどりはない
いちどきりを
いるんだや

さて
九月、ちいさなものがたりとうたの会
おしらせです。

・・・・・・
2019.9.11 (wed)
a story of Sep.
ちいさなものがたりとうたのかい

「祈り 原理と作法」 
森本 武 / 著

open /am 10:30
start /am 10:40 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food /  フーヤン (ハタナカイクヨ)
dessert , drink / 西來みとな(cibo)

*場の準備のため、door open は10:30からとさせていただきます。



になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。


9月のものがたりは
森本武さん・著
「祈り 原理と作法」

てのひらくらいのさいずの
ちいさなこの本は以前、この町の本屋
カスパールで手にとりひとめぼれして買ったものだった。

買ったはいいが
なんとなく読破できないままいたのだけれど
このごろふとひらいてみれば
ああ
いまこれをよみたいな
共有してみたいなとおもう。

祈る
祈り
とは
祈りとともに生きる、とは

だれでも
どこでも
できることであるはずの
祈り
とはいえなかなか言葉にして説明のしにくい
この祈りのちからについて
すっとことばにしてあるこの一冊。

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
「フーヤン」こと、料理人ハタナカイクヨさんによる
この日のための特別なおひるごはんと
cibo の主 みとなさん手製のこころおどる季節のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を9月7日(土)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・

庭にカンナの花がさいた
蝉しぐれをきくとほっとする
九月はすっかり秋かしら
どんな色姿をしているかしら

はじめてのなかを
だれしもが
あるいている
それはこどもや赤子にかぎったことでない

大きな窓のうつくしい場で
こころより
おまちしております。

14:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Jul. 

うたう、 |


P5221612minii.jpg

6月のa story of Jun. は
都合により開催を見送り、
おやすみをいたしました。
ご予約をいただいていた方々に
心よりお詫び申し上げます。



気がつけば
夏のなか
蛍がすーすーと
夜の中を飛んでいる
闇夜のなかのひかりは
なんどみたって
まほうみたいだとおもう
目をあげれば
空には星が
おなじようにまたたいている

こりゃ
摩訶不思議な世界に
わたしたちは生きている

さて
七月
ちいさなものがたりとうたの会
のご案内です。

・・・・・・・・・・・

2019.7.11 (thu)
a story of Jul.
ちいさなものがたりとうたのかい

「うみがここへきたはなし」

open /am 10:30
start /am 10:40 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  → 
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food /  フーヤン (ハタナカイクヨ)
dessert , drink / 西來みとな(cibo)

*場の準備のため、door open は10:30からとさせていただきます。
はじまりの時間が前回より40分遅くなりましたので、ご留意下さい。


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。


7月のものがたりは
あらためまして
「うみがここへきたはなし」

この二月にわたしは自宅で、
ほぼ自力で
自然出産をすることとなった。

ここにちからづよくちいさな
ひかるいのちがやってきた
そのときのこと、
そのはじまりからつづく
わたし自身のものがたりを読みたいとおもう。

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
「フーヤン」こと、料理人ハタナカイクヨさんによる
この日のための特別なおひるごはんと
cibo の主 みとなさん手製のこころおどる季節のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を7月7日(日)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・

ここでの場
8月は暑さと空調の関係上
なつやすみ。

夏のひとわを
ご一緒できればさいわいです。

紫陽花
つゆ草
キョウチクトウ
夏の花がつぎつぎと咲いては
入れ替わっていく
しゃがみこめば
あれ
ホタルブクロも咲いている。

田んぼには
時をとめるほど
あざやかな紅色の
赤とんぼをみた

いちどきり
いちどきり
いちどきりを
はしっていく

こころより
お待ちしております。







17:31 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Jun. 

うたう、 |


P6011686mini.jpg

6月は
生まれ月というのもあるのか
とてもすきな季節で
窓からの
ぴかぴかにひかる緑の葉が
しごく
ひかってみえる

夕暮れすぎの
薄夕闇のなかでは
独特の緑色を映え
浮かび上がらせる

そのようす
めにみえる景色
そのあたりまえ
風にゆれそよぐさま
それをみつめる静寂と沈黙
という対話
あることが
ここにあるこの御霊をしずめ
幸福にひたし
世界とともにあることを今、たらしめる。

さて
お知らせが間際となってしまいましたが
六月
ちいさなものがたりとうたの会
ご案内です。

・・・・・・・・・

2019.6.17 (mon)
a story of Jun.
ちいさなものがたりとうたのかい

「うみがここへきたはなし」

open /am 10:30
start /am 10:40 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  → 
10名
place & food charge 2,000en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food / わっぱめし弁当 (seadling)
soup and dessert , drink / 西來みとな(cibo)

*場の準備のため、door open は10:30からとさせていただきます。
はじまりの時間が前回より40分遅くなりましたので、ご留意下さい。


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。

6月のものがたりは
「うみがここへきたはなし」

ここにちからづよくちいさな
ひかるいのちがやってきた
そのときのこと、
それをとりまくわたし自身のものがたりを
そのはじまりを
ここで読みたいとおもう。

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
(今月はスケジュールの都合によりフーヤンはお休みにつき)
黒米入り玄米と季節野菜が美味しい
seadling さんのわっぱ飯弁当と
cibo の主 みとなさん手製のスープ・季節のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を6月14日(金)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・

なにもかも
ひつようなことが
おきるべくして
おきている
のだから
なにがあっても
だいじょうぶ

しっていることだ

さて
緑の茂り、蝶の舞う
おおきな窓辺で
こころより
お待ちしております。

23:08 |  trackback: -- | comment: -- | edit