FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

群居 

うたう、 |

20200825113540676.jpg



わたしがむすこをうみなすとき、
御守としたものがあった。

木箱に入ったそれは、
水晶に一輪の花が描かれた装身具で二点あり、
それぞれ
その白き花、
花弁一つのものはわたし、
花弁三つのものはわたしとむすめとおなかにいるちいさないのち、
を想い、描いてくれた空想の花だと云う。

出産数日前、
いただいたもので
それはうつくしいものだった。
儚く可憐、芯に凛としたひかり
うつくしい、それ以上の
なみだ滲むもの。

自宅で
出産までの長い時間、
そして産後、
こころもとないとき、
その箱をしずかに開けた。
幾度も幾度も、勇気をくれた。

わたしがわたしであることを、
大きすぎも小さすぎもなく、
誇らしく
背筋を伸ばす。

せつ / 北嶋宏美さん

そのひととの出会い、ご縁は
魔法のようなものである。

彼女は自ら日本の山々へ分け入り、
採取した水晶、鉱物に真鍮を仕立て
美しい装身具をこしらえる。
益々、その方向は研ぎ澄まされてゆかれるのを
陰ながら見惚れていたところ

ふと
お誘いいただいて、
有り難いことに
11月、その展示会初日にて、
唄えることとなりました。

わん

身震いするほどに
愉しみに、参ります。

・・・・・・

「群居」

せつ[装身具] / invisible[衣] 
きみえ[植物料理] / nalu[声音]

2020年 11月6日(金)-14日(土)
open 11:30-17:30
(お食事は15日ご予約制)

群れ、ともに生きることができなくなってしまったこの世界で、それでも私たちは繋がることを選んだ。
石、布、植物、声。静かなる闇を越えた先にある、ひかりを包むように生命力をたずさえたものたちは、 非日常をはらみ姿勢を正したくなるものでありながら、不思議と日々の暮らしにも馴染む心地よさが ある。
共鳴するように巡り逢った、いとしきものたちを糸で繋ぐように束ね、おひろめ致します。

───────

せつ [ 装身具 ]
山で水晶などの鉱石を採集し、
ゆくべきひとの所へ繋ぐ媒介者のような感覚で
有りの儘の形を生かしながら、
子が母にそっと掌のなかの宝物を見せるような
こころで装身具に仕立てている。

invincible[衣]
広島に暮らし、着ると少しだけ強くなれるような、
自信やときめきが湧いてくるような服をめざし製作している。
洋服作りは、強くてたおやかな
おばあちゃんになるための実践的な修行のひとつ。

きみえ[食]
植物の雨露で青々とした、ひかり放つ姿。
冬の土でしんと眠る生命の幽かな声。
節気うつろう中で感性のふるえた細やかな情景たちを、
植物を以って食事や菓子に昇華させている。


───────────────
Event
────────────────

[ nalu ]

■ものかたりと小さな唄の環

音、声、立冬、群居、copseに於いて生るもの

□日時 11.6 (金) 18:00-
□金額 donation(それぞれ心地の佳いご料金、15名様)
□ご予約方法
①お名前②お電話番号を記入し、
メールにて info@copse.biz へご予約くださいませ。


[ きみえ ]

■お家で食べる、きみえの植物ごはん
□日時 11.8(日)12:00- / 13:00-
□金額 ¥2,480+ tax(限定10食 要予約)

■晩秋をあじわう植物の食事会
□日時 11.15(日)
 昼の会11:30- /宵の会16:30- ※2時間半を予定
□金額 コース6品程 12,800円+ tax

□ご予約方法
①お名前②お電話番号③アレルギー食材④ご希望の会
全てを記入し、メールにて info@copse.bizまでお願いいたします。

────────

[ 場所 ]

copse
東京都練馬区石神井台3-24-39 ロイヤルコトブキ1F
西武池袋線 大泉学園駅より徒歩10分
http://www.copse.biz
tel:03-6913-1544

・・・・・

群居
と名のついた
この、場かぎりの
この、ひとびとの
環のなかで

唄う
ことば
さわれぬもの 
見えぬが
きっと、きえないもの
たいせつにひろいあつめ、あたためて
また
そのしゅんかんに
湧き、ながれくるものとおすからだ、
携えて
しずしず、しゃんしゃん
参ります。

貴重なこの機会
ご一緒できますればさいわいです。

こころより
お待ちしております


202010110036129b4.jpg
00:37 |  trackback: -- | comment: -- | edit

BOOKWORM×Peacenic 

うたう、 |

2020032722475141a.jpg


拝啓

桜がさいている
あらゆる花々がつぼみをふくらませ
順に
ひらいてゆく

むすこがひるねからめざめ
めをぱちくりさせて
部屋のどこかを
ゆびさす
ぱたり
もういちど
つっぷして
ねむりはじめる

昨年の秋
鎌倉・海のアカデミア
での
BOOKWORMのステージに
こえをかけてもらって
ろうどくした。

あのころ
おなかのなかには
ちいさないのちが
ぷかぷか
うかんでいて
そのことを
わたしはかいて
よんだ

うみのこが
うみのこいれて
うみへゆく

それはこうふくな
とくべつなしゅんかんだった

そうしてこの春
ふたたび
わたしもこの輪にくわわって
よむ

このだいすきな町を
旅立つ前に
おみみ
かたむけてくださりますれば
さいわいです

・・・・・・・

BOOKWORM × Peacenic
at
BEACH MUFFIN (逗子)

4/11(土)

開演18 : 00
閉演21 : 00

入場無料(要ワンオーダー)

BEACHMUFFIN
逗子市桜山8-3-22
https://www.beachmuffin.com

○出演

Kunihiro Kubota (sunset candle,Yorocco Beer)

鈴木直広 (YavaS農園)

toto (Peacenic,野ざらし荘)

nalu (唄い手)

平野隆章(ドキュメンタリー映画「発酵する民」監督)

山崎円城(F.I.B JOURNAL)

山田祐基 (絵描き,アートディレクター)


○トークセッション

山崎円城 x toto


- about "BOOKWORM" -
http://book-worm.info

21年前より不定期に続くフリースタイルのリーディングイベント 。
ミヒャエル・エンデのインタビュー集の中の、
「人は自分の好きな物について語る時、 とても上手く語ることが出来る。」
という一説との出会いがブックワームのアイデアを生ませました。
1人10分以内という決まりだけがあります。

・・・・・・・・

nalu
はわたくし

おもいきや
むすこはめをさまし
ベッドより足ぶらぶらさせて
床におり
こちらへ
はいはい
やってくる

こころより
おまちしております


15:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

nalu  

うたう、 |

20200327224523497.jpg

なまえを
あたらしくしたい
とおもっていた

さくねんから
ひらり
まいおりてきたらおしえてね
あたらしいなを
つけてほしい


かつて
わたしが
ひとり
なんともカテゴライズできない
わたしのうたを
ええやん
それを
それこそを
ひとまえでうたったらええやん
うたうひつようがあるわと
いって
わたしの
せなかを
おおきくおしてくれた
友人に
おねがいしていた

かれのそんざい
であいは
わたし
そのたましいにとって
とてもおおきい

そして
この春先に
なまえがきたよ

よばれて
そのなを
さずかった

僕がつけたのではなく
あなたの魂から預かったものを
お返しした
という感覚ですので
この名前は最初から里美のものです

彼はいってくれた

きいて
なみだがふるえでた


この春分から
わたくし

nalu

となりました

なる
ハワイ語で


むすこのなを
うみ
という

あんたらはコンビやで

かれはいう

はは

この
ひびき
いみ
もじのならび
なにもかも
とても
きにいっている


ますます
あちこちでうたい
ひびきあっていく
しょぞんです

ありがとう
どうぞよろしくおねがいいたします

nalu



12:04 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Mar. 

うたう、 |

20200305075616893.jpg


はるのなかで
なく
はるのなかで
よろこび
ふるえる
はるのなかで
うたう
はるのなかで
おどる

めにみえるもの
すべてが
そのように
いきている
めにみえぬものたち
すべてが
そのようなけはいを
はなっている

ここは
うるわしく
うつくしいところ
そう
いいきって
おく

さて
わたしはこのはる
拠点をうつすこととなりました

ひとまず
ここでのこうした
連続した場はしめくくりといたします。

ciboさん
ここでわたしのさせてもらったことは
あまりにおおきく
あまりにゆたかで
あまりにすばらしく
あたたかで
おおらかで
わたしはここでとても自由でした

かけがえのないときと
場と、くうかんを
あたえてくださったこと
ふかく
感謝いたします。

はる
せかいはざわざわと
しているようにはみえますが
またどうじに
なにもかわらず
ここにあるものでもあります

いま
わたしにできることといったら
わたしのかんかくそのままに
ちゅうちょせず
すなおに
このばをもうけ、
わとなって
声のなみ
うつくしい波動を
そのまま
共有することだとおもいます。

そこに
おそれや
ふあんは
皆無

くるものはくるし
ただそれだけのこと
ひつようなものが
ひつようなところに
おこるというだけのこと

このうちゅう
このちきゅう
すべてをつつむ
あたらしいへんかのただなかに
わたしたちは
いちしている

・・・・・・・・

2020. 3. 20 (fri)
a story of Mar.
小さなものがたりとうたの会

「はじまりのうた」

open /am 10:30
start /am 10:40 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food /  フーヤン (ハタナカイクヨ)
dessert , drink / 西來みとな(cibo)

*場の準備のため、door open は10:30からとさせていただきます。


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみ
こころ
からだをほどいて
ひらく。

このたびは
「はじまりのうた」

この日は
春分
「地球歴」でいうところの
めぐるこのほしの
いちねんのはじまりの日。
この瞬間に
わきおこるもの

ことばや
ことばでないもの
垣根をこえて
じゆうなものたちと
はじまりのうたを
うたう

いくつかのおとやうた
ことばのあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

フーヤンの、この日のための特別なお昼ごはんと
cibo の主・みとなさん手製のこころおどる季節のデザートとお茶を
ありがたく
しみじみいただきながら、
シェアリング

どぞどぞ
ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を3月16日(火)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp
  
  参加人数が必要数に満たない場合は
  お食事なしでの開催になりますこと、どうぞ
  ご了承くださいませ。
  その際は、事前にご連絡をいたします。
 
・・・・・・・・・

在る朝から
庭でうぐいすのこえの
はじまりを聴く

春のひかりに
ゆれてすきとおる
子の髪の毛の先っちょ

雨の日の海
曇りの日の海の色
ひかりのなかの波の色

ああ
いま
うつくしいせかいに
たっている

こころより
お待ちしております


20200305075746548.jpg







07:48 |  trackback: -- | comment: -- | edit

PB012646mini.jpg

それが
いつからだったのか
いまとなってははっきりと思い出せないけれど
あるときどこかで出会い
じわじわと
ゆっくりと
それは育まれて
きがついたらば
気のおけない大切な存在となっていた。

彼女は社会学の博士であり、
カウンセラーであり
現象学的関係療法家。
その知識はまるで豊かな泉のようで
彼女と話をしていると
それはそれはおもしろくてたまらない。

感覚としてとらえていたこと
どこかでずっと感じていたこと
なんとなくだけれど
「わたし」にとって
とても大事で重要なことがらを
すっと
まるで手品のように
みごとに言葉にする。
それは
わたしというあまりに当たり前でとらえがたい
空気のようにただようものを
ここに
意識させる
という
「わたし」をここに
立たせる。

しっかりと
でも
とても自由に
おおらかに
自然に
ここに、
存在させてくれるようにおもう。

いま
これからの
女性にとって
ちからをくれ
指針となるような
気づきをあたえる。

わたしにはそれが新鮮でならない。
翁川花伊子さん
この方と
あたらしいこころみをしてみます。
彼女のひらく潔くうつくしい場
「ウォルプタスの家」にて

はるのはじまりの二日間
ぴんとこられたかた
どうぞおいでください。

こころよりおまちしております。
以下、花伊子さんからのご案内文です。

・・・・・・・・・・

○みえないものはわたしのいまをひらく(全2回)

赤ちゃん、お子さま連れ大歓迎の企画です。妊娠中、産後の方も大歓迎です。
赤ちゃん、大泣きしてくれてありがとう。ぜひご一緒に、どうぞ。
おひとりでのご参加も、大歓迎です。

●2月24日(日)13:00~15:00
「倍音ワークとアロマ感情解放」

チベットには人が輪になって声を重ねていく倍音ワークがあったそうです。
倍音の響きは体と心を自然にほぐし、ゆるませます。
この響きの中に身を委ねているだけで、体と心が整っていきます。

このワークは、野口整体でいうところの活元運動をより身近におこなえるように、
satomi yamadaさんにご協力いただきうまれました。
ひとりひとりに合うアロマオイルで薫りからもゆるみをお手伝いします。
体の芯からほぐれていく、とても気持ちのよいワークです。

●3月10日(火)13:00~15:00
「声ヨガとアート・セラピー」

日本語の母音を7つのチャクラと対応させて気持ちよく響かせながら、
ご自身の各チャクラを花の絵にして描くアート・セラピーです。
現実生活に根をおろす、とても安全なマインドフル瞑想のひとつを用いています。
はじめての方もどうぞご安心ください。

●ナビゲイター&プレゼンター●

○翁川花伊子

アロマオイル、音叉、玄米などを使い、子どもと女性へ届ける「ゆるみ整体」をおこなっている。
痛みに寄り添う心のコンテイナーでひとの変容に立ち会う。
https://tsukitotaiyou.net/

○satomi yamada

声と言葉、日本語の母音を軸にした「声ヨガ」、うたやワークショップの活動をする。
静寂さと野生とを持ち合わせたひと。
https://www.kinoyouna.com/
http://hibimikan.blog.fc2.com/

●場所● ウォルプタスの家(葉山町)
●料金● 各回 2,000円+税
●ご予約● contact@voluptaspace.info まで、①お名前、②ご連絡先、を明記のうえお申込みください。
●URL● https://www.facebook.com/events/2478835802433358/


13:22 |  trackback: -- | comment: -- | edit

a story of Feb. 

うたう、 |


mini.jpg


このせかいはまるで
ひとりひとりがみる
ゆめのようなものだ
とあるひとはいう

ならば
どんなゆめをみようと
じゆうだ
それはつまり
どんなせかいでいきるかを
えらべる
そんなじゆうのなかにあるということだ

ならば
わたしは
さて
どんなゆめをみ
どんなせかいにいきようか


2020年
はじまりの
小さなものがたりとうたの会
2月
お知らせです。

・・・・・・・・・

2020. 2. 13 (thu)
a story of Feb.
小さなものがたりとうたの会

「木のことば 森のことば」
高田宏

open /am 10:30
start /am 10:40 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food /  フーヤン (ハタナカイクヨ)
dessert , drink / 西來みとな(cibo)

*場の準備のため、door open は10:30からとさせていただきます。


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみ
こころ
からだをほどいて
ひらく。

このたびは
「木のことば 森のことば」

息子がうまれて間もなくのころ、
ある友人からいただいたお手紙に
印刷した本の一頁が添えられてあった。

わたくしたち木は
争うことなく生きているのでございます

からはじまる
木のことば

これをふと
ひさしぶりにひらき
こえにだして、よみ
またないてしまった。

そして
一枚の紙の端っこの文字を手がかりに
みつけた一冊の
うつくしいタイトル
「木のことば 森のことば」


この本の中に在る
高田宏さんの詩、ことば
また
彼が抜粋した誰かの詩やことば、
また
この表題のひびきに浮かび上がってくる
いつかだれかの
いとおしい
詩やことばたち。

いくつかのおとやうた
ことばのあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

このたびは
さーておまちかね(!)フーヤンの、この日のための特別なお昼ごはんと
cibo の主・みとなさん手製のこころおどる季節のデザートとお茶を
ありがたく
わくわく
しみじみいただきながら、
シェアリング

どぞどぞ
ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を2月9日(日)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・

この人生で
木にたすけられたことは
なんどもある

木を見上げ
木をだきしめだきしめられ
風にしなる
森の姿に身をとめる
 
かれらの存在から
わたしたちが
気づかされ
うごかされ
また
寄り添われていることを
知る。

ciboさんの大きな窓
そのすぐ傍らには
木々、森の気配がする
鳥たちのこえがする
川のせせらぎが
ひかりがおどる

いつもあたらしく
またかわらずに
在る

本年も
こころより
お待ちしております。



16:33 |  trackback: -- | comment: -- | edit

1225 

うたう、 |


1225image06ミニ


12がつ
もうこのいちねんもおしまいとなる
のうみつな
めくるめく日々だった

このとしのくりすます
たいせつな
聖夜のひととき
こんなしあわせな場と機会を
いただきました

himmel のおとと、そんざい 
そして
山下りかさんのライヤーの静謐なひびきとこえ
そっとそこへ
わたしもまじらせていただきます。

・・・・・・・・

ampelopsis 音楽会
うたとライアー
“たったひとつのこと”


わたしたちの
うちにある
光の広がりを感じていく
特別な日

響き、静けさ、物語
美しい時間をともに
過ごしましょう


山下りか:うたとライアー
Kinoyouna / satomi yamada:うたと朗読
Sidhe:ギター



日時:2019年12月25日(水) 
14:00~15:30 (開場・受付は、13:30からになります)

場所:鎌倉山集会所
京急バス 鎌倉山行き 「若松」バス停下車 徒歩1分
鎌倉市鎌倉山1-15-13

料金:4,000円 (ハーブティー、shimaさんのお菓子と、小さなおみやげつき )

小学生:1,000円 (お茶、お菓子つきと、小さなおみやげつき)

☆未就学のお子さまも同伴可能ですが、
ライアーや歌の響き、 静けさも感じていただきたいと思っています。
お子さまが、泣いたりしてしまった場合などは、
他のお客様へのご配慮をお願いいたします。ご理解のほど、 よろしくお願いいたします。


ご予約方法:
お名前、ご連絡先、人数を明記の上、
himmelschule@gmail.com までご連絡ください .

・・・・・・・・

himmelの一家はわたしにとって
なにか特別な、不思議なご縁で
この方たちの
やはらかくおだやかな
くうき、話しごえ、えらぶもの、たたずまいや物腰に
ほっとする
すくわれる
無防備に
わたしがわたしでいられる
うつくしいひとたち。

わたしのなかのあたらしいひかりが
ともるように
それぞれの
あたらしいはじまりとなるような
くりすますのごご

こころより
おまちしております。

23:35 |  trackback: -- | comment: -- | edit