FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

うたう、ひと 

映画 |

hayama


海辺のあちこちの町で
連続上映会がひらかれました。

『ミツバチの羽音と地球の回転』

この映画をみたときのことは以前
ここでもかいたけれど、
娘にも一度みてもらいたかったのと
UAが歌いにきてくれるときいて
先週、葉山に出かけてきました。

間際に
UAのおうちが全焼したとのニュースがとびこんできて、
なにより皆ご無事だったことはほんとうに救いで
それでも、さぞやたいへんな最中で
きっと今はそれどころじゃない
こられなくて当然だな、と
ひそかにおもっていたのです。

だって
今回は手弁当でかけつけ、歌ってくれるという話。
上映とライブ、祝島の山戸さんを交えたトーク、という濃密な3本柱ながらも
入場料もわずか、こどもは無料という
かわいらしいイベントなのです。


なんだけれど彼女は
そこへきて、
歌って、くれました。
火事のことにはひとことも触れずに。
ただまっすぐにすとんとそこに立って。

ここへきて歌うことの、意味。
こめた想い、祈りが
音と、声、ふるえる振動と呼吸
すべてで会場を満たして、ゆきました。

言葉や理屈だけじゃさわれないひとの領域を
音楽は軽々と超えることができる


お金じゃなく、
むつかしいことでもなく、
ただ
想いだけで、歌う。
それは並大抵のことではないでしょう。

やさしい場所に、居合わせてもらったわたしは
大きな音をたてて拍手をして
胸をいっぱいにして
かえって、きました。

生きる指針は、
シンプルなこと
それはなによりまっすぐと、
確かなことであるように。

森森したにおいのする町からまた
電車にのって、
窓からみえた夕日の姿に声をあげて、
むすめといえに
かえりました。
16:01 |  trackback: -- | comment: -- | edit

秋は秋刀魚 

台所 |

sudachi


ある日を境にやってきて
街中をすっぽり、
濃密に満たしていた金木犀の香りが
またこれ唐突に
ぴたりと消え去ったことにおどろく。

季節はまた先へと
すすんだのらしいです。

徳島にすむ友人のおうちから
今年も素敵に青々とした
スダチを送っていただいた。

秋刀魚にはもちろんスダチ
焼き茄子にもスダチ
釜揚げにもスダチ
夏の残りのそうめんにもスダチ。
友人のうちでは
刺身や味噌汁にまでスダチをしぼる。

むかし、
秋刀魚の目玉が好物だった娘も年々
その身を
きれいに食べられるようになってきた。
お皿の中にきれいに骨だけになった秋刀魚殿の姿は
清清しく、その骨を
かりかりに揚げてせんべいにしておくれとまでいう。

ぴんとした秋刀魚を焼いて、
その熱々をいただきながら
刻々と日々
秋深まってゆくであります。

10月だものね。
16:12 |  trackback: -- | comment: -- | edit