FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

a story of Sep. 

うたう、 |


P7230551mini.jpg



ここは
どこだ
いまは
いつだ
わたしは
だれだ
あなたは
だれ

それらは時々
すべてまるごと
なにもかもをふくんで
ここにあらわれたりする
その
なかは
とても
とてもやさしく、圧倒的で
なにもかもがひとつ
まるい
あいそのものだ

なににも境目がなく
なにもかもと
いっしよにいる
ひとつ


八月がおわる
あつくて
なめくじみたいに溶けそうで
はいつくばって
焼けてしまいそうで
水にはいって
わらって
ないて
まぶしくて
幸福だった

そういう夏だった

ふりかえってその名残を
惜しんだりするのは
とても、しあわせなことだとおもう

ありがとう

まだ暑いけれど
風は
果実は
夜の音は
すっかり秋の入り口をくぐり抜けている

ひとつ
ひとつ
二度とはもどれないけれど
だから
精一杯きょうを生ききることなんだよと
眠る前
いくつかの後悔を
あすへといかそうとおもう
足並みは
行きつ戻りつだとしても
そうやって
生きていくんだ

いつでもあたらしい

ここは
どこだ

九月
小さなものがたりとうたの会
a story of Sep.
ご案内です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018. 9.19 (wed)
a story of Sep.
ちいさなものがたりとうたのかい

「般若心経」

am 10:00 ~ 13:00頃
at cibo (葉山・上山口)  → 
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food / フーヤン (ハタナカイクヨ)
dessert and drink / 西來みとな(cibo)


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと
こころ
からだをほどいて
ひらく。

9月のものがたりは
「般若心経」
を、ふたたび。

伊藤比呂美 / 著
読み解き「般若心経」
からの現代語訳とともに。

おもいがけず、お経が続きますが
出家したり、
とりわけ仏教徒になったというわけではありません。

この日に場をひらけるのならば、
こえにだしたいとおもった
「般若心経」
からっぽ、のなかに
ある、も、ない、もないのであり、あるのだ、というなかに

いくつかのおとやうた
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

おしまいには
九月より「フーヤン」としてあらたに活動をはじめる
料理家・ハタナカイクヨさんのおひるごはんと
(なんとこの日が「フーヤン」デビュー )
cibo の主 みとなさん手製のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を9月15日(土)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・

この夏は流れ星を
いくつもみた

ご一緒できますこと
こころより
お待ちしております。








19:13 |  trackback: -- | comment: -- | edit

いまの 

未分類 |

P8180729mini.jpg



さきのことに
ふあんになるくらいなら
かんがえない

いま
いまの
全力の幸福だけでいい


15:44 |  trackback: -- | comment: -- | edit

ひっくりかえる 

未分類 |


P8180733mini.jpg



うごけ
うごけ
ひらけ
ひらけ

わたしが
うごけ

わたしを
ひらけ

せかいが
やさしく
おもしろく
ひっくりかえる

てんごくみたいなことも
じごくみたいなことも
それをつくるのは
どちらも
じぶんじしん

だったのだ





15:37 |  trackback: -- | comment: -- | edit

八月 

未分類 |

fh000010mini.jpg



足のうらに
突き刺さった雲丹の棘が
10日かかって
ようやく抜けた

右の足に三本
あまりにしっかり突き刺さっているので
毛抜きでつついても
梅干しを貼っても
むしろ中に埋もれて身体はこれを受容しようとしてみせるので
これはもう
このまま抜けないのかともおもわれた

この話をみなにしたら
わたしも
わたしもと
腕や指にかつて刺さってまま抜けなくなった
鉛筆の芯を
見せ合いっこしたりした

わたしにもシャーペンの芯が一本
指につきささって
黒いままだ

いやいや
でもでも
これはこれは
痛いんだ

足を地面につけるたびに
ずきんずきんと痛むし
足をひきずって歩くような日もあったのだ
どうにもこうにも
そんなとき

ふと相談したおんなのひとが
レメディをくださった
これを飲んでいたら自然にぬけてくるよ、と
それから化膿したときのものも
小さい袋にいれて、くれた。

それから、
どれどれと見てくれた足のうら
刺さったところは
これ、たぶん里美ちゃんに必要で刺さってるね
という。

訊けば
とても思い当たる場所ふたつで
そうか、今のわたしはここに
刺激なり、なにかを必要としてここに
こうして雲丹の棘がささったのかと
なんだか
深く、納得してしまった。

そうおもえば、ただただ迷惑で憎いだけの棘でもない
もうすこし見守ってみようとおもう
でも痛いからできれば
出てきてほしい
そうおもって
それから数日を過ごした。

レメディを希釈した水をちびちびのみながら
こえかけながら
棘に、自分に、自分のなかに。

おもしろいくらい
なにもかもが
つながってるんだよーと
そのひとはいう
必要でないことなんて
関係のないことなんて
なんにもないの
それはそれは見事で、それに
気がつくと
おっもしろいよーー
って
いう

わたしも
もっと
なにもかもを
いたいことも
つらいことも
かなしいことも
ちょっとまって、ひどいじゃんておもうことも
なにもかもを
ああこれはひつようでありがてえことなんだと
すっと
おもえたらいい

仏とか
観音さまみたいによ

だいじょうぶと
だいじょうぶでないが
こうごに
くりかえし
やってくるんだよ

その波を
きもちよく
のりこなせたらいい
いいんだよな

とにかく
棘はさきほど
三つめがぬけた
これは一番太くて、一番がんこで、一番痛かったやつで
ここ数日
調子よく一日一本抜けてきたほかの二本に遅れて
三日もねばっていた
子だ

ひとつめは毛抜きですぽっと
音がするくらいにきもちよく
ふたつめは
指で下から押してたら
嘘みたいにぴょんと
飛び出してきてどこかへきえた
(二度と踏みたくない)
みっつめは
もう、ちょっと強引だけど
ハサミでわずかに切り込みをいれて
押したら
にょきにょきでてきた

これで晴れて
すべての棘がぬけた
こんなにすっきりなことはない
ってくらいに
清々しい足のうらである

どうもありがとう
どうもありがとう







13:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit