FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

a story of Dec. 

うたう、 |

PA302613mini.jpg


むすめとはなしていると、
ああ
むすめのほうがわたしの
ごひゃくまんばいもかしこいし
ずうっとさきをあるいている

とおもって
そういうと
がんばれ

むすめはいう

がんばる

こわがって
おじけづいていても
せんないことなので
あるく
ばかなりにあるく

ことしもあっというまにさいごのつき
12がつ
ちいさなものがたりとうたのかい
おしらせです。

・・・・・・

2019.12.9 (mon)
a story of Dec.
ちいさなものがたりとうたのかい

norito / 祝詞
みなかのはらいのことば ・ ひふみ

open /am 10:30
start /am 10:40 ~ 13:30頃
at cibo (葉山・上山口)  
10名
place & food charge 2,200en (昼食と飲み物、お菓子つき) + donation

food /  濱口ちな
dessert , drink / 西來みとな(cibo)

*場の準備のため、door open は10:30からとさせていただきます。


になって、
めにはみえない音、声、ものがたりに
みみ
こころ
からだをほどいて
ひらく。

12月のものがたりは
ふるいにほんのことだま
みなかのはらいのことば

ひふみ祝詞

これでこのとしをしめくくりたいとおもいます。
2011年から
雨の日も風の日もはれのひも
なるたけ毎日
(いえないこともあったけど)
くちにしておとにしつづけている
たいせつなことば
このふたつをていねいにおとにしたいとおもう。
きょうゆうしたいとおもう

いくつかのおとやうた
ことばのあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共振、共有してみたいとおもうのです。

このたび
フーヤンごはんはスケジュールの都合により一旦おやすみ。
濱口ちなさんによる
この日のための特別なベジごはんと
cibo の主 みとなさん手製のこころおどる季節のデザートとお茶を
しみじみいただきながら、
シェアリング

濱口ちなさんはむすめのがっこうで知り合った
うら若きお料理のひと。
学生の時分からすでにあちこちのイベントや
ケータリング、出張カフェで活躍していた彼女のごはんを
たべるとき、
深いところからのしあわせとまんぞくにおどろく。
やはらかくゆるむ。つつまれる。
ちいさなころからベジタリアンだという生粋ちなのベジごはん、
この機会に体験してもらえたらとねがう。

ようこそおいでください

* お食事のご用意がありますので
  ご予約を12月5日(木)までにいただけるとありがたいです。
  satomikan_y@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・

告知が間際となってしまいました。
、、、。
ご予約が必要人数(5名)に満たない場合は、
恐縮ながらごはんなしの開催となりますこと、
どうぞご了承下さい。
その際は事前にご連絡をいたします。

つめたいあめがふって
ストーブをつける
ふゆだ
ふゆだ
ふゆのなかだ

こころより
おまちしております。



PA292581mini.jpg






14:07 |  trackback: -- | comment: -- | edit

おわび 

未分類 |

PA302592mini.jpg

1117
kurakura さんでの
うたの場は
開催を見送らせていただきました。

うたえなくなってしまった
私の心身のふがいなさを
もろさをなさけなさを
心より
おわびもうしあげます。

それでも足を運んでくださった方
ご予約を頂いていた方々
そしてこころをつくして支度してくださっていた
kurakura のえみさん、よしみつさん
ほんとうに申し訳ありませんでした。

いともやすやすと
こわれてしまうこのこれを
なんとかせにゃあとおもうのです
はずかしくおもいますが

またたちあがって
うたおうとおもいます。

よろしければまた
そんな場をご一緒していただけたなら
これほどうれしいことはありません。

こころよりおわびと
かんしゃをこめます





08:21 |  trackback: -- | comment: -- | edit

ほいほいほい 

未分類 |

PA042455mini.jpg

かなしいこともあるけれど
それは
そのままに
くやしいこともあるけれど
それも
そのままに

うれしいこと
うつくしいこと
やさしいことも
あるのだから
それをなるたけ
ふくふくと
かんしゃし
かみしめて
いきていこう
ありがとう

ありがとうっていって
ときに
みてしもうた
ふれてしもうた
おろかささえ
いぢわるさえ
ゆがみさえ
つつめ
つつみこめ

そういう
ゆたかさを
やはらかさを
ほがらかさを
できることならゆーもあを
たやさないで
いられたらとねがう

ひっくりかえっても
ふきとばされても
かえってこい

ひとあしひとあし
いきるのです
すきっぷ
すてっぷ
あるくのです



08:08 |  trackback: -- | comment: -- | edit

1117 

うたう、 |

PA092491mini.jpg


きおく、そこからつながること
とい、そこからうまれるこたえやまたあたらしいといかけ
やみ、とおもえばひかり
ひかり、とおもえばやみ
うすやみにてをさしのべるようなこと
そのぜんたいをいとおしむこと
なにもかもをくるみこんでなにもかもいっさいがっさい
ある
いま、ということ

いのち
はどこまでがいのちで
あのとき
わたしは
なにをえらび、なにをしようときめたのか
どんなふうにおもい
どんなふうにこのせかいをみ、
どんなことに、どんなふうにわらい
どんなことに、どんなふうになき、
わたしはどういうものだったのか
それは
わたしと
せかいと
その境界線はどんなふうにあったのか
もういちど
ありありとこのむね、からだ、この血肉へ
だきしめなおしたいい
つかみなおしたい

そんなわたしへとかえりたい
どおか、かえってきておくれ
ここへ、かえって
わらってみせておくれ
だきしめさせておくれ

・・・・・

かく
ということは
わたしにとって

うたう
よりももっともっと以前から
息をしてこのせかいにとどまるにひつようなことで
めにはみえるけれども
めにはみえない
相棒のようなものだった

だから
かく

誰かがいつか書いたものでなく
わたしが
わたしのからだをとおしてかいたもの
なにがかかせているのかはわからない
はんぶんくらいはわたしで
もしかしたらそれいじょうはもっとべつのもの
わたしとつながった
もっとおおきなもの
なにかのそーす

KURAKURAのえみさんが
里美さんのかいたものを読んでほしいです

奇特なことをいってくださるので
実はとてもよろこんで
1117のこの場でも
読ませてもらおうとおもう

これは
いつも
ほんとうのこと

うそもまねっこもない
ただそのままのこと

おつきあいくだされば
このうえなく
うれしくおもいます

こうふくとは
こういうものかもしれません
かしこまって
まじめくさって
かたいかおをしたいのではありません
いいこでいたいのではありません
ただ
だれもかれも
なにもかもをほどいて

にかえりたいのです

そんな場となることを




12:12 |  trackback: -- | comment: -- | edit

KURAKURA 2019.11 

うたう、 |

P9282442もmini

いつ
どこで
なにがあるかわからないから

いま
いまを
やりきって
いきて
いきましょう

これがわたしたちの
あいことば

これが
わたしのあんしんし、あいする
KURAKURA ・白倉さんご夫婦との
やくそくのような
こと

そうおもっている。

KURAKURA storehouse

ならびおどりちんざましいきをする
ものものたちは
白倉祥充さん、えみさんそれぞれの
てやあしやからだやたましいやそのもっとおくのほうから
またどこかへつながったそのむこうから
このせかいに
かたちなされたものものたちで
それは
それを
ながめていれば
ひとの奥底のしずかなところから
きれいなさざなみがきこえてくる

そのなみがこのせかいに
しずかにふるえ、ひろがっていくのを
みる
それはとても
たしかなことで
それはなみだのでてしまうような
やさしいことだ
つつましく
やはらかなことだ
うれしいことだ
しあわせなことだ

ことなんだ。

そういうばで
うたわせてもらえること
そのきせきみたいなことを
ひとつ
ひとつ
こうふくに
かんしゃする
かんしゃします。

11月17日にちようび
いちどきりの場
ごいっしょできますれば
さいわいです。

・・・・・・

2019.11.17 (sun)
「うたと朗読」
satomi yamada (kinoyouna)

at KURAKURA storehouse (横須賀・秋谷)
15:00 〜16:00
fee: donation

こえ、ふるえ、ひびき。うた、うたのようなもの。
ことば、ことばでないもの。それらの、いま、なせること。


*ご予約、お問い合わせは KURAKURA storehouse さんまでお願いいたします。
tel: 046-856-0560
email: kurakura_storehouse@ybb.ne.jp

----------------

つくりたいもの
すきなもの

/秋谷の秋展
KURAKURA storehouse

2019.11.8 (fri)〜11(mon), 14 (thu)〜17(sun)
12:00〜18:00

KURAKURA / 白倉祥充、えみさんのつくる布と木と土のもの
PataPri / スクリーンプリントのかわいい干支タオル、手ぬぐいなど

*木古庭ノ農芸社のお弁当
11.10(sun) 1,000円 ご予約制
季節の野菜を中心に丁寧につくられたお昼ごはん。

KURAKURA storehouse
〒240−0105
神奈川県横須賀市秋谷2−11−1
JR逗子駅より京急バス2番のりば
逗4,5,6,7,8,71,72
「秋谷」バス停下車すぐ、「秋谷」信号角下の古い家
tel:046-856-0560
email: kurakura_storehouse@ybb.ne.jp
http://kurakurastorehouse.jugem.jp/

---------------

おわりは16時ころ
すぐそば、
ざざんざざん、秋谷の海からの夕焼け夕日が
ううんときれいです。

おめにかかれること
愉しみに
こころより
おまちしております。

22:08 |  trackback: -- | comment: -- | edit

ここにあるものを 

未分類 |


P8132102mini.jpg

ここにあるものを
それだけを
ただじっと
かんじるのだ

わからなくなったら
めをとじて
ただじっとして
めをひらいて
みえるもののうつくしさに
ただ
ほうとなる
それだけで
せかいは
まるとなる

まるとなって
やはらかくなって
つつまれていることに
きがつく

すべてはここに
いつでも
あるのだ

まる


15:35 |  trackback: -- | comment: -- | edit