FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

ねつとゆき 

四季 |

やねとゆき


ゆき、またまた降りました。

まっしろはきれい。

窓を開けるとまぶしい、というのが懐かしい。



珍しい雪にまみれて遊びたいー

ところがどっこい、

わたしインフルエンザになりました。

とほ。



毎度

インフルというとどこか他人事で、

予防接種も娘にしかしない我が家。

でも気づけばかかるのはわたし。

数年前にもかかったな…。



ごほごほいっているわたしに、

洗面器を運んできて

冷たいガーゼをしぼっておでこにのっけてくれる娘さん。

お母ちゃん、熱もあるし泣いちゃうよ…。



しかし病院でインフルちゃんと分かりますると、

甲斐甲斐しい娘の看病も受けられなくなってさみしい。

わたしの周りは感染地帯とされて立ち入り禁止。

遠くから手を振ってきたりだとか、

ちょっと離れたところに座布団を積みあげて

落語を一席やってくれたりだとか。



おかげさまで、もうすっかりよくなりました。

お世話かけたね、みなさんよ。



風邪をひいたとなると、

どっぷり実家のお世話になるわけでして。

うつさず、うつらぬように家族全員白マスク。

だのに、

りんごをすって食べさせてくれた妹に

インフル感染。

こーわーいー。

そしてごめんね。



今度はわたしが妹に、りんごをすってあげようや。



ああた今年は予防接種受けなさいよ、と家族に言われるヤマダでした。

ご…ごもっとも。



みなさんもお気をつけなさって!



そんでもってまだ残る雪で、

ゆきだるまでもつくろうやっと。

13:44 |  trackback: -- | comment: -- | edit