FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

がらり 

未分類 |

がらり


ひとも、時とともに変わるものであります。

変わらないこともあるけど。

なんや変わっていないような気でいるんだけれども。

しかし。

わずかに、すこしずつ。

いつのまにかがらり、の、変化。

最近それをひとつ、実感したのは、新聞を読んでいるとき。



うちでは新聞をとっていないので、

新聞といえばもっぱら、わたしはぶらりと行った実家で読むのでありますが。

その新聞。

最近、開けばざっと全ページ、めくるのです。

株式らしき数字ずらり並ぶページと、スポーツ欄、以外。

普通だって?

でしょうな。

それが普通でしょうな。

……。

しかしながら、

そのことに自分でびっくりしているわたし。

わたしの知っとる“わたし”といえば、

TV欄をみるわたし。

4コママンガを読むわたし。

今週の天気を、

月の満ち欠けを、潮の満ち干を、みるわたし。



こどもか。



いやなに少し前まで、こどもさんレベルに新聞を見ていたのだ。

いや、こどもさんだって新聞読む子もきっといるぞ。

と、いうことに、今更ながら気づきましてん。



で、今は新聞がおもしろいなーとおもう。

天声人語が受験に役立つから、とかいって、

かつて無理無理読んでいたのとは、

ちょと、いや、ずいぶん違う。



なるほどそうか、なんつってわくわくしたり、

こんなことが起こってるのか、と、ちっさい胸を痛めたり

あまりの不条理さに、怒ったり、しながら。

新聞はおもしろい、そうおもう。

人生でこんなの、やっとのことなんだからこれ、

おはずかしい限りでありますよ。



休日、実家に行くとざっと1週間分の新聞を、

暇さえあれば広げてみてるもんで、

娘がその上を

「ママー、もう新聞だめー」

と言いながら、ごろごろ転がる始末。

……。

ごめんね。



うちでも新聞、とれって話ですか?



それからもうひとつ、

わたしも変わったわのぅーとおもうことが、あるのでありますが、

また、長話になってまいそうなので

今日はこれくらいにして

それはまた、つぎのはなしに。



14:19 |  trackback: -- | comment: -- | edit