FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

干し柿と青トマト 

台所 |

箱の柿


渋柿が届いたので
早速、むすめと干し柿をこしらえる。

へたをはさみでくるりと切るのが彼女、
皮をむくのが私。
ふたりで縄にぶら下げて吊るす。

柿電燈



冬の空気のなかにぶらぶらと、
電燈がともったようで
私たちはこの景色がすきだ。

乾いてきた実を、
やさしく揉んで柔らかくする。
むすめはこの頃、
こういう手伝いが面白いらしい。


さて、畑のトマトがいまだに実をつけて
青いままでいる。

青トマト


友人からいただいた森岡尚子さんの本
「沖縄、島ごはん(改訂版)」 (伽楽可楽)
を何の気なしに台所で立ち読みしていたら
ほい、
ちょうど冬の青トマトでこしらえるピクルス
というのを見つけた。

早速庭からトマトをもいできて
ピクルスにしてみた。

ピクルス氏


冬の台所というのは案外、
愉しくてうきうきしてしまう。




17:11 |  trackback: -- | comment: -- | edit