FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

きつく、てをにぎる  

未分類 |

tetosora

一夜明けて
一体、あれはなんだったのだろうと空をみる。

新聞をつかみ、
ああ夢でなかったんだいねとおもう。
これは、どうひっくりかえっても現実なのである。

私はとかく現実てものを、どんなものでも受け入れることにしている。
それしか、この世界に生きてゆくすべはなく
何につけ
そこがいつでもスタートラインなのであるから。


あーくやしい
あーなんでだろ
あーはらたつわー
そう、
ひとり叫んだりもするんだけれどさ。


さて、
わたしは、
これしきのことで屈しない決意をする。
選挙で大敗をきしたとしても、
そこへ票を投じた人たちが少なからずいたにしろ、
それが今の日本て国であるにしろ、
原発を保持し続けるのは致し方のないことだとは
まるでさっぱりおもわないし、
国防軍、だのというきな臭い看板に掛け替えて威勢よく、
ぱんぱん、
他国に武力でもって国力をみせつけてやろうなどとは
思わない。

ましてや、
いつか大切な人を戦に送り出すことも致し方ない
など、つゆも思わないのである。

断じて、そんなこたぁ許さないんだ。
冗談じゃーないわ。


そう、声を上げ続けてゆく所存である。


それもそれを
愉しくやる、
本気で生きる、
ということ
そのこころいきは忘れずにありたいとおもう。


今後どんなことがあろうとも、
ますます、
大切なものときつく、てを、にぎってゆく。

へこたれてなんかいられないからね。


次は来夏の、参院選挙なのである。
なのである!


16:30 |  trackback: -- | comment: -- | edit