fc2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

nalu

Let's Senkyo Dreams ! 

未分類 |

2014,10 satomi 006


本日は、いわずとしれた
衆議院議員総選挙の日です。

今より前の町で、見た光景がずっと
心にのこっている。

いつかの選挙の日、
パジャマに毛が生えたようなラフな格好でわたしが
投票用紙を握りしめ
投票所である小学校へぶらぶらと歩いている道、
前をゆく老夫婦の姿があった。

ふたりは、
品のいいおめかしをして
柔らかな空気分の程よい間をあけて
並んで歩く。
なんとも仲睦まじく、なんとも美しい姿だった。

どこかへお出掛けかしらとみていると
投票所へ入って行って、
それから元来た道をまたふたり
並んで歩いて帰ってゆく。

そうか、投票はおとなのたしなみなのだと
おもう。
先人が歴史の中で大変な苦労をして勝ち取った
誇り高き、民の権利でもある。

こどもたちは、
したくても投票する権利をもたない。
これからのこの先の道をゆくのは、彼らであるのに。

秘密保護法成立
武器輸出3原則の緩和
消費税8%引き上げ
原発の再稼働への加速
集団的自衛権の閣議決定
辺野古新基地着工

これらをよし、オッケー!
と、しますのか?

と、わたしたちは問われている。

そして、怒りでも叫びでもなく、
正当なわたしたちの意志を行使できる権利
それをみすみす、
放棄するなんてなんてもったいないことだろう。

わたしの一票なんてたかが知れちゃっているわ
それに、
世の中選挙で変わるわけないわよ
なんて無気力にあきらめてしまっているあなた、

本日の東京新聞に
いとうせいこうさんの言葉がある。

無力さの逆転
起きる
ちからはあなたにある。

・・・・


ゆけゆけ!
無気力になっている暇はない
希望をみつづけるちからこそ、
わたしはうつくしいとおもう。

この手足は、きっとうごくためにある。
自分自身の指し示す世界をつくる
そのために精一杯生きるためにあると
わたしはおもっている。

かしこ
11:33 |  trackback: -- | comment: -- | edit