FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

ともに 

未分類 |

DSCF3277.jpg


あの日から
まる四年を迎えた三月十一日

朝から浜へでて
海を目の前にして
お祈りをし
祝詞をあげ
唄をうたった。

お茶をのみ
持参したすこしのお菓子をたべ

それからしばらく
海をながめた。


ときおり、
光がさして
あたり全体と波のなかを
あかるく包む。

寄せては、
かえして
とおくとおくがひかる。

風がふく
波のおとがする。

鳥がとび、旋回して
砂浜がぬれる。

うごくうごく
すべてはつねに動き
つづけている。

この星がまわり
つづけているように。

あかるいなか
ふと、
海の声が聞こえたようにおもう。

海はいう

これからも ともに


「これからも、ともに」
そのことばを、
胸に身体に大切にうけて涙ぐみ、
大きくうなずいて
かえる

お辞儀をして
今日の日にかえる。




11:21 |  trackback: -- | comment: -- | edit