FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

a story of Nov. 

うたう、 |

DSCF3714.jpg

拝啓
山が、
色づいてくる

日々刻々、
変化してゆくその様に
みとれながら
自転車で坂をすべり下る。

あのあそこがまっかなのは
何の木だろう
などひとり
口に出している。


冬が立ち、
秋はそのピークから
なだらかに
冬へとうごいてゆく。

四季とは
こんなにも
うつくしいものだったっけ。

と、また
自転車で風をぬけながら
口に出している。


さて、
11月も cibo さんにて
a story of Nov.
小さなものがたりとうたの会を
ひらきます。

前回起こし下すった方々、
ありがとうございました。

ここへ集うおひとりおひとりが
その場を成す。
ゆえに、ほんとうにゆたかな、
奇跡のような時空となりました。

おかげさま、おかげさま

cibo の主、みとなさん手製の
リンゴタルトのまた
ほんとうにおいしかったこと。


次回はどんなお菓子がいただけるのか
ふふ
そちらもとても、愉しみです。

・・・・・・・・・

2015.11.24 (tue)
a story of Nov.
小さなものがたりとうたの会


宮沢賢治 詩と物語

am 10:00~
at cibo (葉山・上山口)  → 

place charge 1,000en (お茶とお菓子つき) + donation


になって、

めにはみえない音、声、ものがたりに
みみと、
こころ、
からだをひらく。

こたびの題材は宮沢賢治

いくつかの詩や物語を
大事に選んでみようとおもいます。


すこしばかりの唄や響き
朗読のあとは、
母音を手がかりに
ご自身の声で
内面に、深く潜り
自分自身をととのえてゆくような
声のワークもおこないます。

わたしとせかいがひとつであるような感覚を
共有してみたいとおもうのです。

おしまいには cibo の主、みとなさん手製の
美味しいお茶とお菓子をしみじみ
いただきながら、
シェアリング

ようこそおいでください

・・・・・・・・・・

秋から冬へとうごいてゆく
うつくしいせかいで


お待ちしております。



敬具



17:06 |  trackback: -- | comment: -- | edit