FC2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

satomi yamada

feeling voice, 

うたう、 |

DSCF3976.jpg



蝉の声が夜には
虫の声にかわる。

そのはざまを意識したことはないけれど
いつのまにか交差し
入れ替わっている。

秋、こくこくと夏に入り、うごいてゆく

この八月は
存分に休息をとる期間とした。
海にいって海にまじって、
蝉の声を浴びながら昼寝をして
星をみて、夜光虫をみて
盆踊りを踊って、おもうまま
夏休みを過ごした。

冷房がそも苦手で、
その機能をもたぬ我が家ではあんまりに暑いかしらと
夏の間おやすみをしていた
feeling voice, a small meditation
9月より再開をいたします。

以前、友人の小川くんが自身の tumblr でこんな
うれしくありがたいことを書いてくれた。
→ 
おかげさまで
おもいがけず、たくさんの方にお越しいただいて
いくつもの深く、密度のある交感をもてました。

わたし自身、ひとりではゆきつかないような
不思議な感覚へとうごいてゆくことが多々あり、
毎度毎度、
言葉にはできないような喜びがあります。

これまではるばると
お越しいただいた方々、
ほんとうにありがとうございました。

しずやかに
わたしなりのペースでつづけてまいります。

今後ともどうぞ
よろしくお願いいたします。

詳細はこちらから →  

うみから
ひかりから
草木から
雲から
宇宙から
とうめいなエネルギーをうけとって
たくわえたこの身体で
このさき
いったいどこへ
ゆきますのやら

わたしにもわからない

深呼吸して
ちからをぬいて
ただ
どこまでも
おおきなものにつれていってもらう
この身を
おまかせするのみです




14:56 |  trackback: -- | comment: -- | edit