fc2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

nalu

旅の跡 / 鎌倉山、西伊豆 

未分類 |

20221020162612a66.jpg


十月初日、
むすこの運動会をめがけ
むすめ、来てくれて
はしる、おどる、カポカポで駆け抜ける、など
ともにこの少年の成長を見届け
なんともはや感激、
胸いっぱいになり、
また
あまりにおもろいので
おなかをかかえてわらう

保育園の先生方
また
この環境のすべて
また
はるばるかけつけてくれたむすめに
こころから
感謝する

普段はなんの不足なく暮らしているのであるが
時節もあり、家族ごと等しく区分けされた応援席スペースに
ふたりいるというだけで
どんなにこころづよく
また
翳りなく
こころから楽しみ、やすらいでいられたことか
その場になってみなければ想像もつかなかったが
それを彼女は言葉なく察してはるばる
来てくれたのであろうとおもう

ああ
謝謝だ

さて
その数日後
三人でひゅんと空をとび

HIMMELでの日を迎えた
これに至るまで、いつになく緊張した

というのも
2週間ほど前、
この日に向け
一度打合せをしましょうと
SHIDHE さん、木原健児くんと
ラインプチ会議、そのときに
SHIDHE さんより
「なんだかね、ふっと思い浮かんだことだあって」
と、半ば唐突に
「今回は、Oちゃんの誕生から成長への物語をめぐるようなものにしたい。
それはライブということにとどまらない、動きもストーリー性もある、
演劇のようなものでもあるんだけど…」
なんてことをおっしゃった。

は??

と、わたし。

え、どういうことで??
そんなことできるんかな、できないよ
っていうか、Oちゃんってだれよ?
と完全にうろたえるわたしに
木原氏、しずかに
「あれかな? いつものように朗読をはさみつつ、
自由に移動したり、動きもつけたりすれば
自然なながれでできるんじゃないかな?
CDに添えた詩のような文章からふくらませてみたら…」

この人はまったく、救世主か
と、真底思い、感謝する。

で…できるような気がする。
ちょっと書いてみます。
やってみます。
と応え、それから頭の中はずーっと
Oちゃんのことでいっぱいであった。
とにもかくにも、Oちゃんって誰なんだ

書かなくちゃ書かなくちゃとおもえば
おもうほど、そこから脚は遠のき
謎の掃除をしたりする
「初恋の悪魔」に涙して夢中になったりする。
こまったこまった、ふたりとも待ってるな。。
最期には、
そうだ、わたしが書こうとするからかけないんだ、
これは素直にあれだ、
おねがいしよう、と
高いところにお願いする。
わたしに、ひつようなことを、かかせてください。

そうすると不思議なことに
か…形になっている。
これをなんどか繰り返してなんとかふたりに
テキストと、おおまかな流れを送る。

ああそうか
SHIDHE さんの無茶ぶりめいたことは
このためだったか。

全部あのひとはわかってて、
わたしの「これくらい」を飛び越えさせてくれたのか
と、
すべてがおわり
しみじみ、感謝する。
それにしても
SHIDHE さんと木原健児氏
このおふたりの凄いこと。

けんちゃんの音は自ずと魔法のような空間を生み
SHIDHEさんは絶妙なタイミングと響きで言葉、動きで呼応してくれ
わたしはのびのびと唄い、歩き、座り、ねっころがり、動き回りながら
自由にそこに居ることができた
この三人だから、できたこと

ああ、たのしかった
あたらしいことのはじまり
挑戦は、
緊張はしたけれど
とても意義のある素晴らしいものだった。

午前中のワークも
HIMMMELならではのもの、とのリクエストに
当初頭をひねっていたけれども
ふっと問いをたて、素直にしていれば
応えはやってくるもので、
これまでにない、風通しのいいものとなり
おかげさまで
なんともリラックスした佳い時空となった。


これまでに体験したことのない
そしてまた
ほんとうはきっとやってみたかったこと
は、ひとりではうまれないんだなと
しみじみおもうである。

壁や限界を
いとも簡単につくってしまっているのは
自分自身
ということか


午前中の声のワーク、午後のパフォーマンスライブ
どちらも雨の中
またこの日だけ異常な寒さのなか
濡れながらはるばるお越しいただいたみなさま
ほんとうにありがとうございました。

一度きり
あの瞬間にほとばしり
みなを包み込んだもの
それ共有していただけた同志のようなかたがた

おひとりおひとり欠けることなく
おかげさまで
素晴らしいときとなりました。

庭の植物をあしらい、美しく愛に満ちる空間をしつらえてくだすった
ula’さん、
なにもかもをおひさまみたいに照らしてくれる
木原さっちん、
やはらかくサポートし、場を包んでくだすった
nona さん、
すくすくと成長して屈託なくそこにいてくれた
のいのい、
息子と一日中遊んでいてくれたむすめ、
ほんとうにありがとうございました。

しあわせなことです

........

その翌日より
木原夫妻の新天地、かの西伊豆へご一緒させてもらった。


美しい棚田の稲刈り、
遥か下には青い海がひかり、
清々しい風と気がわたってゆく。

また、その近隣に住み暮らすひとびと
その魅力とゆたかさ
ふたりの仮住まい
うつくしく、居心地の良い日本家屋。
美味しい食事。

そこでのびのびと愉しむむすこ
自ら鎌握り、黄金の稲藁をざっくと刈る
かえる、かに、ばった、かめむし、ななふし、やぎ、
愉快そうにたわむれる。

景色、空気、歴史、風、雨、ひかり、ひとびと
なにもかもを肌身で感じ、
しみじみ
愛おしくたいせつなこのふたりが出会い、みつけたこの場所が
奇跡のような宝物のような処であること
そのことを知れ
なによりもうれしかった。

それぞれみつけた愛おしき地を
互いにこうして往き来できることのしあわせ
ゆたかな縁や可能性は
かくのごとく無限大にひろがってゆく

ああよかった
ああたのしかった

むすこ、夢の新幹線にも一寸乗り
むすめの居にもどり、
三人
ゆっくりとやすみ、わらいころげ、湯に浸り
夜中にむすこ眠ってから
ふたり、新発売ハーゲンアイスピスタチオを
つついたりして
実にやすらかな、幸福に満ちた日々、滞在であった。

お世話になった方々、
隅々まで
ありがとうございました。

謝謝

20221020162621c31.jpg


(写真2枚は、HIMMMEL撮影のものをシェアさせていただく)







17:12 |  trackback: -- | comment: -- | edit