fc2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

nalu

11.8 香美市 koya  

うたう、 |


2022101411580345e.jpg



a circle for feeling voice
母音と倍音、声音の環

-好好食飯店のお昼餉付き-

2022. 11. 8 (tue 満月)
11:00 ~ 14:30

葉山時代のコンビ復活、
ワーク後には「好好食飯店」はたなかいくよさんによる
心身の歓ぶ特製お昼ごはんを、のんびりお山を眺めながら
いただきます。

於 koya (高知県香美市日ノ御子)
*場所の詳細はご予約の際にお伝えします

fee : 4,500en

・お問い合わせ / ご予約
haohaosuuhanten0303@gmail.com


…………………

フーヤン あらため 好好食飯店 
はたなかいくよ ちゃんとは、
移住前の葉山時代
月に一度、「ちいさなものかたりとうたの会」
という場をご一緒させてもらっていて
海辺の小さな町のなかの山側にある愛おしい「cibo」にて
わたしは唄い、朗読をし、みなで環になって声を重ねたあとには
彼女の美味しいお昼ご飯をいただく、という
なんとも愉しいことをしていた。

その後
それぞれ不思議で必然のような縁にしたがって
移り住んだのが、高知であった。
高知、とはいってもここは
地図でふふんと眺めるくらいではわからないけれども
想像以上、実に東西に長いのである。
ひとくちにいうと、とおい。

その、東側にいるのがいくよちゃん
西側にいるのがわたし、ということで
わたしたちもそうそう容易には会えるわけではない。

時折訪れる彼女の家、
芭蕉の青々とゆれる美しい家は、
水こんこんと流るる段々畑、棚田にかこまれた
すっぽりと山にくるまれるような
それはそれは特別な景色で
行くたびに息をのむ

これが日常であるとは
いったいどういうことか
これにまさるゆたかさなんて
あるのかしら
くらいに

その家の傍らに小さな小屋があり
ここがまた実に静謐で愛らしい
なんと
ここで唄の環をひらきましょう
ということになった

わーお

当然、ここははたなかいくよ
好好食飯店のお昼餉つきである

わーお

西側(四万十川方面)はちょっと遠くて…という方
朗報です
東側、香美市の日御子(なんと有難い住所であろう)
にて、
季節ごとにそんな環がひらけるといいな、と
おもっています。

その第一回目は、11月8日
この日は
皆既月食/満月
ただでさえなにか人知の及ばぬちからのはたらきそうなお日柄であるが
きっと想像をこえて
佳き場、響きとなることとおもう。
かぐわしく美味しい湯気も待っておる

ああたのしみ

………

環となり
境界線を解いて
耳をすます

技術、優越もなく
ただ声、母音を
ゆるやかに 響かせてゆく

そこに
自ずと立ち現れてくる
"わたし" は、
素であり自然

それは
すべてとひとつである

わたし、
いまここ、
その原初に還る。


身一つでおこなう
母音、倍音を用いる
"声のヨガ" のようなワークです。

人前で声を出すのがためらわれる方
久しぶりに声を出したい方
どなたでも安心しておこなえるよう
ゆるやかに誘導してゆく環、場となります。

ワーク後は、
好好食飯店さん特製のお昼ごはんを頂きながらシェアリング。


立冬
満月
山のなか

心よりお待ちしております






11:47 |  trackback: -- | comment: -- | edit