fc2ブログ

  日々、ミカンのこと                 

nalu

旅の跡 / 東京、山梨、葉山 

散策と旅 |

20221230172005ba0.jpg


二〇二二年
私の観た数多くない映画のなかで
最もふるえ泣いたのは
「地球交響曲第九番 ガイアシンフォニー№9」
であった

このなかに登場する
世界的指揮者、コバケンこと小林研一郎氏の姿に
説明できうる以上のものが内側に波立ち
むせび泣いた

そのときおもう
生きているうちに彼の率いるオーケストラの音を
全身に、生で、浴びたい

そしてふとそれが叶うことになる
即、チケットをとる
飛行機もおさえる
そうして
久しぶりに冬の東京を訪れた

この夜のことは
魔法がかったようにわたしの心身に刻まれている
この記憶
忘却機能の優れたわたしの能力にかき消されることなく
いつも鮮やかにとりだし、包まれることができますように
と祈る

こんなにもうつくしい旋律があるのか
もはや、最前列の端っこゆえに
小林氏の振るタクトも、姿かたちもほんの一寸しか
みえなくとも
まったくそんなこたー問題にならない

音、その波を、そこに繊細に、完璧なまでに込められたなにか
この祈りのような細かな集合体を浴びる
月イチで聴きたい、なんて贅沢をおもうくらいに
それはそれはしあわせなことであった
ゆりかごに揺られているような

音楽というものに造詣深かったこともなく
これまでの人生に一度も
オーケストラもベートーヴェンもまして第九にも
まったくといって興味関心を寄せたこともなかったが
ああ
この歳にして、今これきたか
というこの小さなおどろきとよろこび。

人生、いつなにがおこるかわからない
大げさでなく
実に面白いなあ
ほんとうに

その間、息子をあたたかく観ていてくださった父母にも
心より感謝。


2022123017161586c.jpg

さて
その翌日に訪れたのは
山梨、シロテナリ
かれこれ10年ほど前
娘のシュタイナー土曜クラス時代に知り合った
ゆき乃さんと、この夏久しぶりに、ふたたび繋がる。
当時から
透けるようにうつくしく、
独特の空気世界観を纏う女性であった。

彼女が今、藤野にほど近い山梨でカフェを営んでいるという。
それはいかなくちゃ
わくわくして娘を誘ってこのたび
それが叶う。

これはもう
想像以上に
物語のようなうつくしい世界であった
食事もひとつ、ひとつ、
野菜植物たちと丁寧な結びあいをおこなって
ここにひかる
美味しい、というにはあまりに語彙が足りない。

はあ、
ここでもまた
この人生の運んでくれることのあまりの豊かさに
深々、しみじみさいわいをかみしめる。

感謝〇

20221230181730229.jpg


その翌日のこと
葉山、cibo へ

そう、オーケストラのチケットをとってすぐさま
ciboの主、みとなちゃんにお伺いをたてた
年も瀬、急な申し出にかかわらず、
なんともあたたかく、ぴっかりーんとご快諾してくださって
この日が叶う
ああ
ぴっかりー-ん

そうして
環をかこんだのであるが

冬の日
奇跡のような陽だまりのなか
我、おもいのこすことなく
ことば、また言葉意味を超えるものを
そこに安心してひろげることができ、
そこに耳をかたむけ
また
それぞれから奏でられる声のおと
その波、ひかりのドーム、螺旋にまじりあう柱をなして
このせかいにひろがってゆく

そこには
指揮者不在の
やはらかく完璧なハーモニーがある

その余波に包まれながら
目の前に運ばれる昼餉
つづく
焼き菓子

ちな(青天舎)、みとなちゃん
それぞれからの
完璧な愛がどこまでもどこまでも
繊細に丁寧にあふれており
言葉にならない

じんわり涙ぐみながら
それを大切に、たいせつに身体におさめる
その環をなしていたわたしたち、全員が
完璧なこうふくのなかにいた

これが
このせかいである
これが
わたしたちである

こまかなひかりふるえる方々に
この日
お集まりいただき
ほんとうにしあわせなときとなりました
こころよりふかく
感謝もうしあげます

その間
息子を江ノ電に乗せ、ここへ来てくれた
娘にも心より感謝

うつくしいひであった
わたしたちはいまも
このなかにある

20221230172014882.jpg

2022123017230122a.jpeg

(冒頭の写真、上、ちなの2種のサンドイッチプレート。 みとな氏撮影)
(下、みとなちゃんの林檎のタルト。 ちな氏撮影)


そうして眠った
娘の家
最終日の朝、目を覚ます

枕元にリボンを結んだ包み、ふたつ在る

もういちどめをとじる
うっすらとあけてそれをみる
隣にはむすこ
その向こうにはむすめサンタが眠っている


なんどもなんども
ちらっとみては
布団にもぐる
これは
わたしが小さなころにしたことだ

このしあわせを
いまにとじこめておきたい

なきながらおもう

こういうときって
くるんだな

ふつうこないでしょ
なんてわたしはしあわせものなのであろう
いいであろうか

わたしサンタできるものなにももってない
あー-

そうして
随分長いことそうしてから
包みをひらくと

わたし、むすこ、それぞれに
むすめの編んだ
セーターが入っていた

あんまりうれしいとひとは
リアクションがうまくできなくなるということを
知った

あたたかくて
かわいくて
うつくしいセーターを
着て
わたしたちの住み暮らす
この町へかえる

かえってきた

どのしゅんかん
どのかたも
ありがとう
ありがとうございました

20221230171645438.jpg





16:50 |  trackback: -- | comment: -- | edit

1224 Earth cafe senryu  

うたう、 |

20221129112259de2.jpg


この頃
妙に気に入ったようで
やたらと通うところがある

先月、母が来た時にも
続いて、大好きな友人が訪ねてきてくれた折も
伊勢海老汁の振る舞いにつられて週末も
我が身のご褒美にと平日も
気がつけば、毎週のように出かけている

そういえば我が家で飲用する湧き水もここ
土佐清水で汲む
まっすぐで清らかな水

そうするうちになんと
クリスマスイブに
この地で唄う機会をいただいた

竜串海岸
碧く透明な水、海との境目に表出した
不可思議でうつくしい地層、地形のなかを
散策する

海際をぐるりとまわって
ぽんと陸へあがると
レストハウス 千竜がある

あら
気がつけば竜だらけ
不思議なご縁の繋がり
その曲線

Earth cafe SENRYU Christmas Party
魅力的な人柄、やはらか、ゆたかな環のなかへ
ご一緒させていただきます。

美味しいもの
うつくしいもの
好奇心をくすぐるもの
ひと、空間、歓びに会いに
いらしてください。

お知らせ、間際となってしまいましたが
心よりお待ちしております。

(わたくしは午後、頃合い佳きタイミングで唄う予定です)

………

Earth cafe senryu
Christmas Party

2022.12.24 (sat)
open 10:00 ~ close 15:00

レストハウス千竜 (土佐清水市竜串28-8)

〇 live
・Coyote
​・nalu

〇 shop
・natural life noon
・染め編みやhamuko
・vegan sweets orchestra
・TAKAOKA MUFFIN
・The Captain William H. Whitfield English Cafe
・樹々
・月と太陽のしずく
​・まさみそ工房

………

友人のやよいちゃん、
vegan sweets orchestra
彼女の、優しく美味しいお菓子を食べられるのは
名残惜しくもこれが、最期の機会だとか。

​止心庵のジェフ、
The Captain William H. Whitfield English Cafe
季節のパイ、飲み物を片手にお喋り
イングリッシュカフェ

初々しいいのちを宿したまさみちゃん、
まさみそ工房の絶品メキシカン料理

どれもこれも
おすすめ〇


ライブ
というこの貴重な機会
なにをどんなふうにしようかしら

​わたくしも
こころおどらせ
愉しみにしてまいります。

いよいよ
年の瀬
吐く息しろい
冬の一日
このいとおしい2022年のしめくくりに
ご一緒できましたなら
さいわいです。







cibo 、冬ノ巻 

うたう、 |


20221129112356718.jpg



十二月、
短日
柚子湯
冬籠り

思いがけず
関東へ赴くはこびとなり
それならばと問うてみるに
佳き、是非にと応えてくださる
我が家のごとき cibo 葉山に在り
その主、みとな

彼女の拵えるお菓子
季節を纏い
いとうつくしく
ほろほろと美味しい

また
自然の流れのなかにあらはるる
青天舎  → 
その主、ちな
此度の昼餉を創ってくださる

数年前、一度この会でもお世話になったが
素材ひとつひとつの微細なものを、
丁寧に、余さず料理に仕立て上げる
このしみじみとした感激をふたたび味わえること

まことに有難き
またうれしきこと哉

冬至へのゆき道に
ひとつ
環となり
声あわせ
やはらかなとき
かこめますように

................

a circle for feeling voice
母音と倍音、声音の環

2022. 12.20 (tue)
10:30 door open / 10:45 start

於 cibo (神奈川 葉山 上山口)

fee : ¥3000 (青天舎の昼御飯 + cibo の  御茶菓子、場所代として)
   + donation ( nalu のこの環、ワークへは其々がこの日、感じられたもの。
    お金というエネルギーに気持ちよくのせて、小籠へお入れください)

10名

food / 青天舎 (濱口ちな) 
dessert and drink / 西來みとな(cibo)
voice work / nalu

ご予約・お問い合わせ : satomikan_y@yahoo.co.jp

---

環となり
境界線を解いて
耳をすます

技術、優越もなく
ただ声、母音を
ゆるやかに 響かせてゆく

そこに
自ずと立ち現れてくる
"わたし" は、
素であり自然

それは
すべてとひとつである

わたし、
いまここ、
その原初に還る。


身一つでおこなう
母音、倍音を用いる
"声のヨガ" のようなワークです。

人前で声を出すのがためらわれる方
久しぶりに声を出したい方
どなたでも安心しておこなえるよう
ゆるやかに誘導してゆく環、場となります。

ワーク後は、
「青天舎」 濱口ちなさんによるお昼御飯
「cibo」 みとなさん手製のお菓子、飲み物を頂きながらシェアリング。

.................

もっとも日の短くなるときこそ
太陽のひかり
我が身に沁みる

そんなときこそ
私のなかの
尊きひかり
いつくしみ
それもちよりて
蝋燭のようにともす

あたたかな環
やはらかな波
うつくしき光
ふくらみ
ひろがりて

このせかい
わたし

てらす


この歳のむすび
ご一緒できますれば
さいわいです

こころより
お待ちしております




14:35 |  trackback: -- | comment: -- | edit

十二月、唄の環 

うたう、 |

202211291123063ea.jpg


そろそろ師走
この年もむすびとなるのか

雨をみながらおもう

左の頬が
またもやすこし腫れている
休息がひつようであるぞよと
身体がおしえてくれている

さて
止心庵での唄の環のあと
いつも美味しいお菓子とお茶をかこむ
その御茶菓子を拵えてくださるのは
ここの主
美佳さんと、ジェフ氏

庭や畑、野山からこの時をえらび摘んでくる
お野菜や木の実、季節の恵み
スパイスやハーブを
ごく自然にとりいれあしらうそれらは
おふたり同様
ふうわりと優しく、うるわしい。

日々の流れからこの場をすうっとひらき
整えしつらえて
お迎えしてくださることに
ゆくたび、頭の下がるおもいである。

毎度ちがった顔ぶれの
一度かぎりの環
その有難み、はかなさとゆたかさ

2022年
止心庵に於いては、しめくくりのときとなります

‐‐‐‐‐‐‐

# 都合により、日程が8日→12日へ急遽変更となりました。ご予定合わせてくだすっていた方、申し訳ありません。


circle for a feeling voice
母音と倍音、声音の環

2022. 12. 12 (mon)
13:30 ~16:00 頃

fee : donation

於 止心庵

高知県四万十市口鴨川136
https://www.facebook.com/shishinanshimanto

・お問い合わせ、ご予約

070-4413-7126
levelamica@gmail.com

いずれかに、お名前と人数をお知らせください。

………

環となり
境界線を解いて
耳をすます

技術、優越もなく
ただ声、母音を
ゆるやかに 響かせてゆく

そこに
自ずと立ち現れてくる
"わたし" は、
素であり自然

それは
すべてとひとつである

わたし、
いまここ、
その原初に還る。


身一つでおこなう
母音、倍音を用いる
"声のヨガ" のようなワークです。

人前で声を出すのがためらわれる方
久しぶりに声を出したい方
どなたでも安心しておこなえるよう
ゆるやかに誘導してゆく環、場となります。

ワーク後は、
止心庵さんお手製の飲み物、お菓子を頂きながらシェアリング。
(お茶菓子代は別途、donation となります)

---------

師走
満月
ふゆのにわ

ご一緒できればさいわいです
心より
お待ちしております

11:53 |  trackback: -- | comment: -- | edit

十一月、唄の環 

うたう、 |


20220902122641452.jpg


立冬
ようやく土用が明けた

土用は次なる季節への大掃除
とはいうけれど
まあ今回の土用にしても
身体、わたしの内と外
さまざまのこと
湧き出て行った

土用入り
のっけから鼻水、歯痛、なんだかいろいろあったけど
通り過ぎてしまうと
なんだったっけなーと遠い記憶
あっという間にわすれている

心の痛み、かなしみも
するすると天へ昇り淡くなり
解き放たれていくように

ありがとう
さようなら
おげんきでね

そして
どんなことがあっても
この場、唄の環

ここへきて
ひとが環となり
声を重ねるところに
たちのぼり、うまれくる
あの完璧なへいわ、調和、安寧、満ち満ちる
空間、その体感は
ひかり
そのもの

それは
わたしたちひとりひとりのなかに
ある

このようにして
ひと同士が
関わり、交わり、ともに
生きあえたなら

切におもう

わたしたちは
その可能性を知っている

長くなりました
11月、愛する 止心庵での唄の環
ご案内です

-----------------

circle for a feeling voice
母音と倍音、声音の環

2022. 11. 17 (thu)
13:30 ~16:00 頃

fee : donation

於 止心庵

高知県四万十市口鴨川136
https://www.facebook.com/shishinanshimanto

・お問い合わせ、ご予約

070-4413-7126
levelamica@gmail.com

いずれかに、お名前と人数をお知らせください。

--------------------

環となり
境界線を解いて
耳をすます

技術、優越もなく
ただ声、母音を
ゆるやかに 響かせてゆく

そこに
自ずと立ち現れてくる
"わたし" は、
素であり自然

それは
すべてとひとつである

わたし、
いまここ、
その原初に還る。


身一つでおこなう
母音、倍音を用いる
"声のヨガ" のようなワークです。

人前で声を出すのがためらわれる方
久しぶりに声を出したい方
どなたでも安心しておこなえるよう
ゆるやかに誘導してゆく環、場となります。

ワーク後は、
止心庵さん特製、心づくしのお茶、お菓子を頂きながらシェアリング。
(お茶菓子代は別途、donation)

-----------------

秋きわまり
冬いたる

お山側は日没も早く
おひさまの有難さを
かみしめる

ご参加の折は
あたたかなストールや羽織りもの
ご持参されることをおすすめします

すみわたってゆく
還ってゆく
素直になる

金盞香
止心庵
畳の間にて
心よりお待ちしております




12:46 |  trackback: -- | comment: -- | edit

11.8 香美市 koya  

うたう、 |


2022101411580345e.jpg



a circle for feeling voice
母音と倍音、声音の環

-好好食飯店のお昼餉付き-

2022. 11. 8 (tue 満月)
11:00 ~ 14:30

葉山時代のコンビ復活、
ワーク後には「好好食飯店」はたなかいくよさんによる
心身の歓ぶ特製お昼ごはんを、のんびりお山を眺めながら
いただきます。

於 koya (高知県香美市日ノ御子)
*場所の詳細はご予約の際にお伝えします

fee : 4,500en

・お問い合わせ / ご予約
haohaosuuhanten0303@gmail.com


…………………

フーヤン あらため 好好食飯店 
はたなかいくよ ちゃんとは、
移住前の葉山時代
月に一度、「ちいさなものかたりとうたの会」
という場をご一緒させてもらっていて
海辺の小さな町のなかの山側にある愛おしい「cibo」にて
わたしは唄い、朗読をし、みなで環になって声を重ねたあとには
彼女の美味しいお昼ご飯をいただく、という
なんとも愉しいことをしていた。

その後
それぞれ不思議で必然のような縁にしたがって
移り住んだのが、高知であった。
高知、とはいってもここは
地図でふふんと眺めるくらいではわからないけれども
想像以上、実に東西に長いのである。
ひとくちにいうと、とおい。

その、東側にいるのがいくよちゃん
西側にいるのがわたし、ということで
わたしたちもそうそう容易には会えるわけではない。

時折訪れる彼女の家、
芭蕉の青々とゆれる美しい家は、
水こんこんと流るる段々畑、棚田にかこまれた
すっぽりと山にくるまれるような
それはそれは特別な景色で
行くたびに息をのむ

これが日常であるとは
いったいどういうことか
これにまさるゆたかさなんて
あるのかしら
くらいに

その家の傍らに小さな小屋があり
ここがまた実に静謐で愛らしい
なんと
ここで唄の環をひらきましょう
ということになった

わーお

当然、ここははたなかいくよ
好好食飯店のお昼餉つきである

わーお

西側(四万十川方面)はちょっと遠くて…という方
朗報です
東側、香美市の日御子(なんと有難い住所であろう)
にて、
季節ごとにそんな環がひらけるといいな、と
おもっています。

その第一回目は、11月8日
この日は
皆既月食/満月
ただでさえなにか人知の及ばぬちからのはたらきそうなお日柄であるが
きっと想像をこえて
佳き場、響きとなることとおもう。
かぐわしく美味しい湯気も待っておる

ああたのしみ

………

環となり
境界線を解いて
耳をすます

技術、優越もなく
ただ声、母音を
ゆるやかに 響かせてゆく

そこに
自ずと立ち現れてくる
"わたし" は、
素であり自然

それは
すべてとひとつである

わたし、
いまここ、
その原初に還る。


身一つでおこなう
母音、倍音を用いる
"声のヨガ" のようなワークです。

人前で声を出すのがためらわれる方
久しぶりに声を出したい方
どなたでも安心しておこなえるよう
ゆるやかに誘導してゆく環、場となります。

ワーク後は、
好好食飯店さん特製のお昼ごはんを頂きながらシェアリング。


立冬
満月
山のなか

心よりお待ちしております






11:47 |  trackback: -- | comment: -- | edit

旅の跡 / 鎌倉山、西伊豆 

未分類 |

20221020162612a66.jpg


十月初日、
むすこの運動会をめがけ
むすめ、来てくれて
はしる、おどる、カポカポで駆け抜ける、など
ともにこの少年の成長を見届け
なんともはや感激、
胸いっぱいになり、
また
あまりにおもろいので
おなかをかかえてわらう

保育園の先生方
また
この環境のすべて
また
はるばるかけつけてくれたむすめに
こころから
感謝する

普段はなんの不足なく暮らしているのであるが
時節もあり、家族ごと等しく区分けされた応援席スペースに
ふたりいるというだけで
どんなにこころづよく
また
翳りなく
こころから楽しみ、やすらいでいられたことか
その場になってみなければ想像もつかなかったが
それを彼女は言葉なく察してはるばる
来てくれたのであろうとおもう

ああ
謝謝だ

さて
その数日後
三人でひゅんと空をとび

HIMMELでの日を迎えた
これに至るまで、いつになく緊張した

というのも
2週間ほど前、
この日に向け
一度打合せをしましょうと
SHIDHE さん、木原健児くんと
ラインプチ会議、そのときに
SHIDHE さんより
「なんだかね、ふっと思い浮かんだことだあって」
と、半ば唐突に
「今回は、Oちゃんの誕生から成長への物語をめぐるようなものにしたい。
それはライブということにとどまらない、動きもストーリー性もある、
演劇のようなものでもあるんだけど…」
なんてことをおっしゃった。

は??

と、わたし。

え、どういうことで??
そんなことできるんかな、できないよ
っていうか、Oちゃんってだれよ?
と完全にうろたえるわたしに
木原氏、しずかに
「あれかな? いつものように朗読をはさみつつ、
自由に移動したり、動きもつけたりすれば
自然なながれでできるんじゃないかな?
CDに添えた詩のような文章からふくらませてみたら…」

この人はまったく、救世主か
と、真底思い、感謝する。

で…できるような気がする。
ちょっと書いてみます。
やってみます。
と応え、それから頭の中はずーっと
Oちゃんのことでいっぱいであった。
とにもかくにも、Oちゃんって誰なんだ

書かなくちゃ書かなくちゃとおもえば
おもうほど、そこから脚は遠のき
謎の掃除をしたりする
「初恋の悪魔」に涙して夢中になったりする。
こまったこまった、ふたりとも待ってるな。。
最期には、
そうだ、わたしが書こうとするからかけないんだ、
これは素直にあれだ、
おねがいしよう、と
高いところにお願いする。
わたしに、ひつようなことを、かかせてください。

そうすると不思議なことに
か…形になっている。
これをなんどか繰り返してなんとかふたりに
テキストと、おおまかな流れを送る。

ああそうか
SHIDHE さんの無茶ぶりめいたことは
このためだったか。

全部あのひとはわかってて、
わたしの「これくらい」を飛び越えさせてくれたのか
と、
すべてがおわり
しみじみ、感謝する。
それにしても
SHIDHE さんと木原健児氏
このおふたりの凄いこと。

けんちゃんの音は自ずと魔法のような空間を生み
SHIDHEさんは絶妙なタイミングと響きで言葉、動きで呼応してくれ
わたしはのびのびと唄い、歩き、座り、ねっころがり、動き回りながら
自由にそこに居ることができた
この三人だから、できたこと

ああ、たのしかった
あたらしいことのはじまり
挑戦は、
緊張はしたけれど
とても意義のある素晴らしいものだった。

午前中のワークも
HIMMMELならではのもの、とのリクエストに
当初頭をひねっていたけれども
ふっと問いをたて、素直にしていれば
応えはやってくるもので、
これまでにない、風通しのいいものとなり
おかげさまで
なんともリラックスした佳い時空となった。


これまでに体験したことのない
そしてまた
ほんとうはきっとやってみたかったこと
は、ひとりではうまれないんだなと
しみじみおもうである。

壁や限界を
いとも簡単につくってしまっているのは
自分自身
ということか


午前中の声のワーク、午後のパフォーマンスライブ
どちらも雨の中
またこの日だけ異常な寒さのなか
濡れながらはるばるお越しいただいたみなさま
ほんとうにありがとうございました。

一度きり
あの瞬間にほとばしり
みなを包み込んだもの
それ共有していただけた同志のようなかたがた

おひとりおひとり欠けることなく
おかげさまで
素晴らしいときとなりました。

庭の植物をあしらい、美しく愛に満ちる空間をしつらえてくだすった
ula’さん、
なにもかもをおひさまみたいに照らしてくれる
木原さっちん、
やはらかくサポートし、場を包んでくだすった
nona さん、
すくすくと成長して屈託なくそこにいてくれた
のいのい、
息子と一日中遊んでいてくれたむすめ、
ほんとうにありがとうございました。

しあわせなことです

........

その翌日より
木原夫妻の新天地、かの西伊豆へご一緒させてもらった。


美しい棚田の稲刈り、
遥か下には青い海がひかり、
清々しい風と気がわたってゆく。

また、その近隣に住み暮らすひとびと
その魅力とゆたかさ
ふたりの仮住まい
うつくしく、居心地の良い日本家屋。
美味しい食事。

そこでのびのびと愉しむむすこ
自ら鎌握り、黄金の稲藁をざっくと刈る
かえる、かに、ばった、かめむし、ななふし、やぎ、
愉快そうにたわむれる。

景色、空気、歴史、風、雨、ひかり、ひとびと
なにもかもを肌身で感じ、
しみじみ
愛おしくたいせつなこのふたりが出会い、みつけたこの場所が
奇跡のような宝物のような処であること
そのことを知れ
なによりもうれしかった。

それぞれみつけた愛おしき地を
互いにこうして往き来できることのしあわせ
ゆたかな縁や可能性は
かくのごとく無限大にひろがってゆく

ああよかった
ああたのしかった

むすこ、夢の新幹線にも一寸乗り
むすめの居にもどり、
三人
ゆっくりとやすみ、わらいころげ、湯に浸り
夜中にむすこ眠ってから
ふたり、新発売ハーゲンアイスピスタチオを
つついたりして
実にやすらかな、幸福に満ちた日々、滞在であった。

お世話になった方々、
隅々まで
ありがとうございました。

謝謝

20221020162621c31.jpg


(写真2枚は、HIMMMEL撮影のものをシェアさせていただく)







17:12 |  trackback: -- | comment: -- | edit